ブルゴーニュ地方

B シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ シャルム 1964 アンリ ド ヴィラモン コレクション デュ ドクター バロレ 赤ワイン ラベル瓶に汚れ 破れ 傷等有り tp S 人気SALE,新作

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 貴重すぎる逸品。 ワイン好きなら、誰もが聞いたことのある ドクター・バロレ・コレクション 。 でも、その 実物を見たことのある人は、ごく僅か だと思います。 そんなドクター・バロレ・コレクションのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルムが、今ならあります♪ しかも、1964年 。 数に限りがあるので、完売した際は、 再入荷の予定はありません 。 こういうワインを販売できて、私は、大変光栄に思います。是非、 本物のワイン愛好家にこそ買って頂きたい逸品です 。 INFORMATIONNameChambolle Musigny Les Charmes Dr, Barolet Collectionブドウ品種ピノ・ノワール生産者名産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・シャルムRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Charmes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ブルゴーニュ地方

B シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ シャルム 1964 アンリ ド ヴィラモン コレクション デュ ドクター バロレ 赤ワイン ラベル瓶に汚れ 破れ 傷等有り tp S 格安,100%新品

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 貴重すぎる逸品。 ワイン好きなら、誰もが聞いたことのある ドクター・バロレ・コレクション 。 でも、その 実物を見たことのある人は、ごく僅か だと思います。 そんなドクター・バロレ・コレクションのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルムが、今ならあります♪ しかも、1964年 。 数に限りがあるので、完売した際は、 再入荷の予定はありません 。 こういうワインを販売できて、私は、大変光栄に思います。是非、 本物のワイン愛好家にこそ買って頂きたい逸品です 。 INFORMATIONNameChambolle Musigny Les Charmes Dr, Barolet Collectionブドウ品種ピノ・ノワール生産者名産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・シャルムRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Charmes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ブルゴーニュ地方

B シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ シャルム 1964 アンリ ド ヴィラモン コレクション デュ ドクター バロレ 赤ワイン ラベル瓶に汚れ 破れ 傷等有り tp S 豊富な,お買い得

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 貴重すぎる逸品。 ワイン好きなら、誰もが聞いたことのある ドクター・バロレ・コレクション 。 でも、その 実物を見たことのある人は、ごく僅か だと思います。 そんなドクター・バロレ・コレクションのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルムが、今ならあります♪ しかも、1964年 。 数に限りがあるので、完売した際は、 再入荷の予定はありません 。 こういうワインを販売できて、私は、大変光栄に思います。是非、 本物のワイン愛好家にこそ買って頂きたい逸品です 。 INFORMATIONNameChambolle Musigny Les Charmes Dr, Barolet Collectionブドウ品種ピノ・ノワール生産者名産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・シャルムRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Charmes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ブルゴーニュ地方

B シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ シャルム 1964 アンリ ド ヴィラモン コレクション デュ ドクター バロレ 赤ワイン ラベル瓶に汚れ 破れ 傷等有り tp S 豊富な,人気SALE

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 貴重すぎる逸品。 ワイン好きなら、誰もが聞いたことのある ドクター・バロレ・コレクション 。 でも、その 実物を見たことのある人は、ごく僅か だと思います。 そんなドクター・バロレ・コレクションのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルムが、今ならあります♪ しかも、1964年 。 数に限りがあるので、完売した際は、 再入荷の予定はありません 。 こういうワインを販売できて、私は、大変光栄に思います。是非、 本物のワイン愛好家にこそ買って頂きたい逸品です 。 INFORMATIONNameChambolle Musigny Les Charmes Dr, Barolet Collectionブドウ品種ピノ・ノワール生産者名産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・シャルムRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Charmes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ブルゴーニュ地方

アロース コルトン プルミエ クリュ ヴァロズィエール 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 16年が初ヴィンテージ。樹齢は50年のV・V。 アロース・コルトン的な若い内の硬さなどが全くない、 きれいでナチュラルな近年のパカレ香 。閉じ気味で抑え込まれた香りだけど。 口に含むと果実味も風味も上からギュッと抑え込まれた感たっぷりの日なんだけど、それでも美味しい。こういう縮こまった果実感だとタンニンがぶりぶり出てくるが、それもない。 美しくてナチュラルなパカレ節が炸裂している 。 ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:93点 ◆飲み頃予想:2020〜2045年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameAloxe Corton Premier Cru Les Valozieres Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/アロース・コルトン/ヴァロズィエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Aloxe Corton/Les Valozieres 内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

アロース コルトン プルミエ クリュ ヴァロズィエール 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 16年が初ヴィンテージ。樹齢は50年のV・V。 アロース・コルトン的な若い内の硬さなどが全くない、 きれいでナチュラルな近年のパカレ香 。閉じ気味で抑え込まれた香りだけど。 口に含むと果実味も風味も上からギュッと抑え込まれた感たっぷりの日なんだけど、それでも美味しい。こういう縮こまった果実感だとタンニンがぶりぶり出てくるが、それもない。 美しくてナチュラルなパカレ節が炸裂している 。 ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:93点 ◆飲み頃予想:2020〜2045年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameAloxe Corton Premier Cru Les Valozieres Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/アロース・コルトン/ヴァロズィエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Aloxe Corton/Les Valozieres 内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

アロース コルトン プルミエ クリュ ヴァロズィエール 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 16年が初ヴィンテージ。樹齢は50年のV・V。 アロース・コルトン的な若い内の硬さなどが全くない、 きれいでナチュラルな近年のパカレ香 。閉じ気味で抑え込まれた香りだけど。 口に含むと果実味も風味も上からギュッと抑え込まれた感たっぷりの日なんだけど、それでも美味しい。こういう縮こまった果実感だとタンニンがぶりぶり出てくるが、それもない。 美しくてナチュラルなパカレ節が炸裂している 。 ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:93点 ◆飲み頃予想:2020〜2045年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameAloxe Corton Premier Cru Les Valozieres Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/アロース・コルトン/ヴァロズィエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Aloxe Corton/Les Valozieres 内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

アロース コルトン プルミエ クリュ ヴァロズィエール 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 16年が初ヴィンテージ。樹齢は50年のV・V。 アロース・コルトン的な若い内の硬さなどが全くない、 きれいでナチュラルな近年のパカレ香 。閉じ気味で抑え込まれた香りだけど。 口に含むと果実味も風味も上からギュッと抑え込まれた感たっぷりの日なんだけど、それでも美味しい。こういう縮こまった果実感だとタンニンがぶりぶり出てくるが、それもない。 美しくてナチュラルなパカレ節が炸裂している 。 ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:93点 ◆飲み頃予想:2020〜2045年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameAloxe Corton Premier Cru Les Valozieres Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/アロース・コルトン/ヴァロズィエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Aloxe Corton/Les Valozieres 内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

アロース コルトン プルミエ クリュ ヴァロズィエール 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 16年が初ヴィンテージ。樹齢は50年のV・V。 アロース・コルトン的な若い内の硬さなどが全くない、 きれいでナチュラルな近年のパカレ香 。閉じ気味で抑え込まれた香りだけど。 口に含むと果実味も風味も上からギュッと抑え込まれた感たっぷりの日なんだけど、それでも美味しい。こういう縮こまった果実感だとタンニンがぶりぶり出てくるが、それもない。 美しくてナチュラルなパカレ節が炸裂している 。 ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:93点 ◆飲み頃予想:2020〜2045年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameAloxe Corton Premier Cru Les Valozieres Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/アロース・コルトン/ヴァロズィエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Aloxe Corton/Les Valozieres 内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

アロース コルトン プルミエ クリュ ヴァロズィエール 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 16年が初ヴィンテージ。樹齢は50年のV・V。 アロース・コルトン的な若い内の硬さなどが全くない、 きれいでナチュラルな近年のパカレ香 。閉じ気味で抑え込まれた香りだけど。 口に含むと果実味も風味も上からギュッと抑え込まれた感たっぷりの日なんだけど、それでも美味しい。こういう縮こまった果実感だとタンニンがぶりぶり出てくるが、それもない。 美しくてナチュラルなパカレ節が炸裂している 。 ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:93点 ◆飲み頃予想:2020〜2045年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameAloxe Corton Premier Cru Les Valozieres Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/アロース・コルトン/ヴァロズィエールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Aloxe Corton/Les Valozieres 内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 人気定番,高品質

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑)

ブルゴーニュ地方

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 品質保証,高品質

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑)

ブルゴーニュ地方

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 得価,格安

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑)

ブルゴーニュ地方

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 新品,人気セール

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑)

ブルゴーニュ地方

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 本物保証,人気SALE

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑)

ブルゴーニュ地方

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 限定SALE,爆買い

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑)

ブルゴーニュ地方

イランシー 2014 ヴァンサン ドーヴィサ 赤ワイン S 高品質,新作

びっくりするくらい華やかな、 バラやスミレ の香り。清楚で上品な印象を受けます。 ラズベリー や 木苺 のような密度の詰まった赤いベリー、どこか 涼しげなハーブにスパイスが少々 。 タンニンが想像以上にしっかりとしていますが、端正な酸味と汚れ無きピュアな果実味が軽やかに感じられ、アフターには 心地良いローストした苦味。 コートドールのような華麗さやゴージャスさとはまた別次元の、 無垢でイノセントな味わい 。 (2019年1月31日試飲) INFORMATIONNameIrancy Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種ピノ ノワール生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/イランシーRegionFrance/Yonne/Irancy内容量750mlWA92/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑)

ブルゴーニュ地方

エシェゾー 1986 ドクトゥール ジャン ビゾ 赤ワイン tp S 全国無料,最新作

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 アンリ・ジャイエの隣人! ビゾを語る際、常に、 《アンリ・ジャイエの隣人》 というキャッチコピーがついて回ります。 そんなビゾから、貴重なエシェゾーの1986年が入荷しました。 売れてしまえば、 恐らく二度と手に入らない逸品 です。 真のブルゴーニュ好き に買って頂けたら嬉しいです。 INFORMATIONNameEchezeaux Docteur Jean Bizot ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドクトゥール・ジャン・ビゾ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA-/Issue -WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ブルゴーニュ地方

エシェゾー 2015 フィリップ パカレ 赤ワイン tp HOT,人気

『こりゃ、相変わらずメチャ美味しい。』 ■リアル・ワイン・ガイド誌58号より抜粋■ やはりどんなヴィンテージでもパカレのこのエシェゾーは長所をいくつも持っており、個人的にはとても気に入っている。個人の嗜好ですみません。 客観的には バランス取れまくった香り で、パカレの赤のグラン・クリュの中で 最もミネラル感とエレガンスが表現されている 。 口に含むと凝縮しているから液体はまだキメが粗いが、うま味の塊は時期に関係ないように存在している。 こりゃ、相変わらずメチャ美味しい 。 (17年04月試飲) ◆今飲んで:94点 ◆ポテンシャル:96点 ◆飲み頃予想:2025〜2060年 ■輸入元様資料より抜粋■ 平均樹齢45年、南東向きの区画より。 エレガントさ と フローラルな風味 、ピノノワールの魅力をしっかりと表現した 品格を感じるワイン で赤系果実のいきいきとした味わいがあり、 密度のあるタンニン分 と 複雑な余韻 を備える。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー 2015 フィリップ パカレ 赤ワイン tp HOT,低価

『こりゃ、相変わらずメチャ美味しい。』 ■リアル・ワイン・ガイド誌58号より抜粋■ やはりどんなヴィンテージでもパカレのこのエシェゾーは長所をいくつも持っており、個人的にはとても気に入っている。個人の嗜好ですみません。 客観的には バランス取れまくった香り で、パカレの赤のグラン・クリュの中で 最もミネラル感とエレガンスが表現されている 。 口に含むと凝縮しているから液体はまだキメが粗いが、うま味の塊は時期に関係ないように存在している。 こりゃ、相変わらずメチャ美味しい 。 (17年04月試飲) ◆今飲んで:94点 ◆ポテンシャル:96点 ◆飲み頃予想:2025〜2060年 ■輸入元様資料より抜粋■ 平均樹齢45年、南東向きの区画より。 エレガントさ と フローラルな風味 、ピノノワールの魅力をしっかりと表現した 品格を感じるワイン で赤系果実のいきいきとした味わいがあり、 密度のあるタンニン分 と 複雑な余韻 を備える。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー 2015 フィリップ パカレ 赤ワイン tp 正規品,品質保証

『こりゃ、相変わらずメチャ美味しい。』 ■リアル・ワイン・ガイド誌58号より抜粋■ やはりどんなヴィンテージでもパカレのこのエシェゾーは長所をいくつも持っており、個人的にはとても気に入っている。個人の嗜好ですみません。 客観的には バランス取れまくった香り で、パカレの赤のグラン・クリュの中で 最もミネラル感とエレガンスが表現されている 。 口に含むと凝縮しているから液体はまだキメが粗いが、うま味の塊は時期に関係ないように存在している。 こりゃ、相変わらずメチャ美味しい 。 (17年04月試飲) ◆今飲んで:94点 ◆ポテンシャル:96点 ◆飲み頃予想:2025〜2060年 ■輸入元様資料より抜粋■ 平均樹齢45年、南東向きの区画より。 エレガントさ と フローラルな風味 、ピノノワールの魅力をしっかりと表現した 品格を感じるワイン で赤系果実のいきいきとした味わいがあり、 密度のあるタンニン分 と 複雑な余韻 を備える。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー 2015 フィリップ パカレ 赤ワイン tp 驚きの破格値,限定セール

『こりゃ、相変わらずメチャ美味しい。』 ■リアル・ワイン・ガイド誌58号より抜粋■ やはりどんなヴィンテージでもパカレのこのエシェゾーは長所をいくつも持っており、個人的にはとても気に入っている。個人の嗜好ですみません。 客観的には バランス取れまくった香り で、パカレの赤のグラン・クリュの中で 最もミネラル感とエレガンスが表現されている 。 口に含むと凝縮しているから液体はまだキメが粗いが、うま味の塊は時期に関係ないように存在している。 こりゃ、相変わらずメチャ美味しい 。 (17年04月試飲) ◆今飲んで:94点 ◆ポテンシャル:96点 ◆飲み頃予想:2025〜2060年 ■輸入元様資料より抜粋■ 平均樹齢45年、南東向きの区画より。 エレガントさ と フローラルな風味 、ピノノワールの魅力をしっかりと表現した 品格を感じるワイン で赤系果実のいきいきとした味わいがあり、 密度のあるタンニン分 と 複雑な余韻 を備える。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S セール,安い

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 人気,豊富な

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 全国無料,高品質

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 定番人気,低価

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 最新作,得価

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 最新作,新作登場

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 格安,新作登場

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 限定セール,新作登場

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 1995 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 驚きの破格値,定番

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 人気,人気セール

INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 大人気,爆買い

INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 定番人気,HOT

INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 新作登場,大得価

INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2014 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 限定SALE,定番人気

INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2014 ベルトラン アンブロワーズ 赤ワイン tp 100%新品,本物保証

INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Bertrand Ambroiseブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ベルトラン・アンブロワーズ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュの隠れた優良生産者 最近すごく気になっているドメーヌ。 当主は、あの高名なドメーヌ・ショパン・グロフィエの ダニエル・ショパンの弟子です。 この小さなドメーヌは、まだまだ名前は出てきていないが必ずブルゴーニュの名醸造家の仲間入りすることは間違いないと思います。 これから 絶対 に注目すべき造り手の一人である事は、間違いありません。 1987年設立。ブルゴーニュのドメーヌにしては、歴史の浅い造り手ながら、その造りが評判を呼び、 確実なファンを掴んでいるのが、このベルトラン・アンブロワーズです。 以前は、ノン・フィルターにより、濃厚で、インパクト第一の香り、味わいのワインを生み出す印象が強かった、ベルトラン・アンブロワーズですが、年々、艶やかさ、フィネス、エレガントさを兼ね備えたワインを生み出すようになり、そのワインは、円熟期を迎えつつある気がします。 そんなベルトラン・アンブロワーズから、何と、クレマンを含む、ヴァラエ ティ豊かなワイン、をご紹介します。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2014 ベルトラン アンブロワーズ 赤ワイン tp 低価,人気SALE

INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Bertrand Ambroiseブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ベルトラン・アンブロワーズ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュの隠れた優良生産者 最近すごく気になっているドメーヌ。 当主は、あの高名なドメーヌ・ショパン・グロフィエの ダニエル・ショパンの弟子です。 この小さなドメーヌは、まだまだ名前は出てきていないが必ずブルゴーニュの名醸造家の仲間入りすることは間違いないと思います。 これから 絶対 に注目すべき造り手の一人である事は、間違いありません。 1987年設立。ブルゴーニュのドメーヌにしては、歴史の浅い造り手ながら、その造りが評判を呼び、 確実なファンを掴んでいるのが、このベルトラン・アンブロワーズです。 以前は、ノン・フィルターにより、濃厚で、インパクト第一の香り、味わいのワインを生み出す印象が強かった、ベルトラン・アンブロワーズですが、年々、艶やかさ、フィネス、エレガントさを兼ね備えたワインを生み出すようになり、そのワインは、円熟期を迎えつつある気がします。 そんなベルトラン・アンブロワーズから、何と、クレマンを含む、ヴァラエ ティ豊かなワイン、をご紹介します。

ブルゴーニュ地方

エシェゾー グラン クリュ 2015 ドメーヌ アルヌー ラショー 赤ワイン 人気定番,新作登場

『いや〜、すげえいいいっす。』 ドメーヌ・アルヌー・ラショーから、 優良年と言われる2015年 が、ズラ〜ッと入荷したのでご紹介致します。 2015年以降のブルゴーニュの出来映えや、価格などを考えると、2015年って、 絶対に買っておくべきヴィンテージ だと思いますよ♪ ■『リアルワインガイド61号』より抜粋■ これは開いているのでメチャいい香り。 ミネラルの気品とツヤで高級感がハンパない 。 いや〜、すげえいいいっす。 口に含むと液体はやや硬いがそれでも 柔らかさ をなぜか感じ、ミネラル感もたっぷり。加えて高級感もたっぷり。 お見事 。 (17年6月試飲) ◆今飲んで:93+点 ◆ポテンシャル:95点 ◆飲み頃予想:2025〜2055年 INFORMATIONNameEchezeaux Grand Cru Domaine Arnoux Lachauxブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・アルヌー・ラショー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/エシェゾーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vosne Romanee/Echezeaux内容量750mlWA94+/Issue 27th Apr 2018WS95/Issue May 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『一回り小さなロマネ・コンティ』 と評される実力派! ブルゴーニュ好きは、必飲!! ご存知ですか? そのワインのスタイルから 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれる造り手がある事を。 その名は、ヴォーヌ・ロマネを拠点とする、ロベール・アルヌー! 特級畑などが醸し出す、その 官能的な味わい が、多くの人を魅了、そのスタイルを例え、こう呼ばれるのです。 そのワインのスタイルから… 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 と、呼ばれるワインを手掛ける、ロベール・アルヌー。 200年続くドメーヌ の5代目として、その評価を更に向上させているのが、現当主パスカル・ラショー氏です。 アルヌーと言えば、 ピノ・ノワールの原種 に近い伝統的なピノ・ノワールで小粒で果皮が厚く、深みのある味わいを生み出してくれるにも関わらず、栽培の難しさなどで、一時、ほとんどの生産者が栽培しなくなった品種、 『ピノ・ファン』 の栽培者としても知られており、この品種を使った、ACブルゴーニュなどは、質の良さから、根強い人気を誇ります。 アルヌーでは、所有の数区画で『ピノ・ファン品種』を育て続けており、 60年以上の樹齢 となっている事も、ワインの豊かな味わいの、大きな要素になっています。 ロベール・アルヌーの 『ピノ・ファン品種』を使用しているワイン を調べてみると… 【ピノ・ファン使用の畑】 ・ロマネ・サン・ヴィヴァン ・ヴォーヌ・ロマネ・レ・スショ ・ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ポワゼ ・ブルゴーニュ・ルージュ そのワインは、『神の雫』でも大絶賛の、 最上級の『ロマネ・サンヴィヴァン』 の畑をはじめ、 最もお手頃な『ブルゴーニュ・ルージュ』 まで、各クラスにおいて、アルヌーの実力を実感できる美味しさ。 そして、今もなお、確実にその実力を揺ぎ無いものにしています。 そんなロベール・アルヌーの、2005年と2006年が、入荷しました! これに先駆け、2006年と2005年のいくつかを試飲する機会に恵まれたのですが、ブルゴーニュの大当たり年、2005年の素晴らしい出来は勿論の事、2006年の完成度に、アルヌーの真の実力を見た気がしました。 アルヌーの2006年は、間違いなく上出来です! ブルゴーニュ・ルージュ・ピノ・ファンの魅力を、2006年も確認し、そのかなりの上出来振りに、 コスト・パフォーマンスの高さ を、改めて実感しました♪ そして、もうひとつの発見は、『ニュイ・サン・ジョルジュ』の数々の美味しさ! 『ヴォーヌ・ロマネ』を拠点にするアルヌーなだけに、 見過ごされがちな『ニュイ・サン・ジョルジュ』 ですが、『ヴォーヌ・ロマネ』ものより、比較的手頃で、アルヌーの魅力が詰め込まれた美しさは、 要チェックです 。 2005年だけでなく、2006年に見せたアルヌーの完成度が、安定した実力を物語っています。 【通称】 『ひとまわり小さなロマネ・コンティ』 ワイン好きは、是非、お試しあれ〜♪