スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

2 マグナムボトル ブラン ド ブラン グラン クリュ ミレジメ 1998 ジャック セロス1500ml 泡 白 tp S ワイン =750ml 6と同梱可 高品質,得価

◆ラベルにつきまして◆ 裏ラベルの記載がぞれぞれ異なっている為、【1】〜【3】まで個別に掲載をしております。 尚、中身に相違はございません。 ■商品の状態について■ こちらの商品は希少な古酒、オールド・ヴィンテージの為、ラベルやキャップシールに、シミやシワ、破れやキズのあるものがございます。 また、液面が低い状態のものもございます。 商品到着後のキャンセルやご返品は出来かねますので、ご了承の上お買い求め下さい。 買えた人は、ラッキー! 先日、NYのクリスティーズで、 シャンパン界のカリスマ 、ジャック・セロスのブラン・ド・ブラン・ミレジメ1990の750mlボトル6本セットが15,925ドルで落札され、セロスの最高価格を塗り替えたとの記事が出ていました。 750ml瓶で1本あたり、297,200円ほどになります(汗)(1ドル=112円換算) そんなニュースと時を同じくして、 貴重な1998年と1997年 を入手しました! しかもなんと、 マグナムです!! ただでさえ目にする事のないミレジメ、ましてマグナムは 今までにも、滅多に入荷した事がありません… 。 紹介するだけでちょっと緊張しますが(笑)、さっそくご紹介します! INFORMATIONNameBlanc de Blanc Grand Cru Millesime Jacque Selosseブドウ品種シャルドネ生産者名ジャック・セロス産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量1500mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 私がジャック・セロスを初めて飲んだのは、シャンパーニュ地方、ランスでもその品揃えと料理で名を馳せる、現地のホテル・レストランでの事でした。 私が、大のシャンパン好きであるのを知った上で差し出された1本が、そう、ジャック・セロスだったのです。 その言葉の記憶と、味わいの深さ、余韻の長さの印象は、 になるに、充分過ぎるほどだったのです。 『是非、日本で再会を。』 その時は、再会がこれほど難しいとは思っていませんでした。 各ワイン雑誌などで、偉大なシャンパンの造り手として、度々ジャック・セロスの名が上げられ、みかける度に、その希少性が高まる事を、複雑な心境で見守っているのは、私だけではないはずです。 彼のシャンパンは、賞賛されるに値する物がゆえ、人気に供給が付いて行けないのです。 そんな造り手ですから、ある程度まとまった数ご紹介出来る事に心底驚いています(^O^)v 実は、今回の入荷が決まってから、高まる気持を押さえる事に、かなり苦労しました(笑) ジャック・セロスが、これほどまでにシャンパンを愛する人の心を捉えて離さないのは、何故なのか? 飲んだ人の表情を見て頂くのが一番なのではないでしょうかっ! ロバート・パーカー氏 の主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号に、 『シャンパン特集』 が、掲載されてました! 『サロン』、『クリュッグ』、『ルイ・ロデレール』などの定評のある大手から、『ジャック・セロス』、『エグリ・ウーリエ』、『アグラパール』、『ジェローム・プレヴォー』、『ヴェット・エ・ソルベ』など、実力派のRM(=レコルタン・マニピュラン)まで、計77の造り手を紹介しています。 先に名を挙げた造り手の他にも、かなりの高評価を受けた、タカムラでご紹介している造り手が続々目に留まりましたが、中でも、唯一無二の存在である『ジャック・セロスは』、掲載された7アイテムの中で、最低でも92点という、 軒並み高得点をマーク! コメントには… と、その偉業に惜しみない賞賛を与えています。 自らの進化を止めず、更に、彼を慕う若き造り手達への指導、後押しも惜しまないアンセルム・セロス氏の存在なくして、今のシャンパンの品質向上はありえなかったと、 つくづく思います。 セロスのシャンパンに 幾度と無く感動を覚えた 自分の体験からも、是非ひとりでも多くの方々に、この美味しさを知って欲しいと願い、ずっとジャック・セロスのシャンパンをご紹介し続けている私達としても、嬉しい限りです♪ この文章を書いているだけで、あのセロスのシャンパンの持つ、素晴らしい芳しさを思い出し、喉が鳴ってしまいます(笑) 『ワイン・アドボケイト誌』でも紹介されているように、セロスのシャンパンは、『ワイン』としての存在であり、その香り、味わいを存分に楽しむ為にも、 極端に冷やしすぎず、『白ワイン用のグラス』で楽しんで頂く事をオススメします。 唯一の問題は… 安定して入荷してこない事です(;^^) ここでも最高評価! 【お知らせ】 販売商品は、構成ヴィンテージ、デゴルジュの日付などが、『ワイン・アドボケイト誌』に掲載のものとは異なります。ご了承下さい。 ジェローム・プレヴォー ヴェット・エ・ソルベ ユリス・コラン 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アグラパール ブラン ド ブラン テロワールNV 泡 白 最新作

『見逃すべきで無い。』 今回の注目は、『92点』を獲得した、テロワール! 【ロバート・パーカー氏の評価】 The NV Brut Blanc de Blancs Grand Cru Terroirs is creamy-textured Champagne that shows tons of energy and finesse in its ripe apricots、 flowers、 smoke and minerals. The aromatics emerge with time、 rounding out this compelling effort. The style is more generous than in the Mineral、 which follows. The Blanc de Blancs Grand Cru Terroirs is 100% 2002 juice from 50-year old vines in the Robarts and Voie d'Epernay vineyards、 both of which are in Avize. The wine was fermented and aged in a combination of stainless steel and neutral oak、 aged 4 years on its lees and bottled with 5 grams of sugar. I can't think of too many wines on the market that give readers the opportunity to drink grand cru juice from an important vintage at this price point. Simply put、 this Champagne is not to be missed. This bottle was disgorged in August 2008. Anticipated maturity: 2008-2018. ◆ロバート・パーカー氏評:92点 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) ・『見逃すべきで無い。』 ・『膨大なエネルギーとフィネスが溢れている。』 と、そのコストパフォーマンスの高さは、市場でも 貴重な存在 だと褒め称えています。 そんな1本が、シャンパンの中では、とってもお手頃な価格で買えます! やっぱり、アグラパールのコストパフォーマンスの高さは、 隠そうにも隠せない様子(笑) 抜群のお値打ち、お試し下さい! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 アヴィズ、オジェ、クラマン、オワリィの特級の中でも樹齢など諸条件が 真のグラン・クリュに値する、シャルドネの一番搾り果汁のみ使用 。 樹齢20〜40年 48ヶ月の瓶熟。 『これはこれで美味しい♪』kakkoman96様 これはこれで美味しい 大好きな同アグラパールの7クリュNVに比べ 芳醇 に感じる。 香り、味わいにおいてフレッシュさ的なものを求めるのであれば7クリュNVの方がオススメ。 こちらはさらに熟れた果実実を感じる。個人的には7クリュNVの方が好きですね。 でもこれはこれで 十分★5つ 付けても良い位美味しい。 7クリュNVは今まで付けてきた評価基準から考えれば★5つでは足りないかな。 シャンパン通のお客様から、その、 『絶大なコスト・パフォーマンス』を武器 に、10年以上も前から、ズ〜ッとタカムラで大人気のシャンパンと言えば? そう、『アグラパール』です! その 安定した実力 で、インターネット店だけではなく、実店舗でも、長年、人気のアグラパール。タカムラのお客様には、すっかりお馴染みですが、数年前から、評価本などでも注目を浴び始め、ますますその実力に磨きを掛けています。 その 人気の秘密 は、『品質』と、『コスト・パフォーマンス』の高さ! 『いつの日か、タカムラでこんなにご好評頂いている事を、直接造り手さんに伝えたい!』 と思い続けていましたが、 2008年、アグラパールを訪問 し、その念願が、遂に叶いました! その品質向上の立役者、パスカル氏に会ってきたのです♪ アグラパールは、1894年、コート・デ・ブラン地区の中心地のひとつ、アヴィズに、現当主の曽祖父アルチュール・アグラパール氏により設立され、現在、パスカル氏とファブリス氏兄弟により、営まれています。 アグラパールの全てのシャンパンは、 人の手で『動瓶』 を行い、 馬を使っての耕作 を実践するなど、各キュベの個性を重んじるそのスタイルは、職人技的な繊細さが伺えます。 実は、 訪問当日 は、暫く続いた不順な天気の後の、貴重な晴れ間だったため、パスカル氏は… 『ごめんね、急いで畑に出ないと駄目だから。』 と、さほど長くお話する事は出来ませんでしたが、そんな、 栽培への一途な思い こそ、 彼らのシャンパンが美味しい理由 なのです。 短い滞在でしたが、日本の、タカムラのお客様が、こんなにもアグラパールのシャンパンを愛して下さっている事は、しっかり伝えておきました! パスカル氏、とても嬉しそうでした♪ そして、もうひとつの私の目的は、今まで詳しくご紹介していなかった、アグラパールの他キュベについて、聞くこと。 今までは… 『7クリュが美味しいし、他のキュベは、特に紹介する必要は無いかな。』 と、思っていたのです(;^^) が、申し訳ありません。試飲して、その考えは、 完全に間違っていたと分かりました(汗) パスカル氏の澄んだ目には、 『芸術家』と『農夫』、両方の雰囲気 を伺う事が出来ます。 多くの優れた造り手に共通するこの雰囲気は、日々、自らの手で行う畑仕事と、造り手としての センスを磨き続ける努力 、感性、そのどちらもが蓄積されてしか、漂わす事の出来ないもの。 そんなパスカル氏に、今後の事を聞いてみると… 【今後の抱負】 『毎年ヴィンテージ・シャンパンを出すつもりだ。 他のワイン同様、シャンパンも、 その年毎の個性を味わってもらいたい。 』 そんな言葉にも、積み重ねてきた経験に基づき、更なる向上を目指すその姿勢が伺えます。 さよならの挨拶をした後、 踵を返し、足早に畑に 向かったパスカル氏の背中を見つつ、これこそが、アグラパールの美味しさの、 何よりの証拠 なのだと、実感しました。 どれも 個性豊かな逸品揃い のアグラパールのシャンパン、満を持して、ご紹介します! 『我々の所有する、グラン・クリュの畑の多様性を表現した』 と、アグラパールのコメントに書かれています。 4年という、このクラスにしてはかなり 長い熟成期間 を経て、 シャルドネの旨み をしっかりと表現し、エレガントで、ミネラル感に溢れ、長い余韻が楽しめる、 『ブラン・ド・ブラン』好きに堪らない1本 です! タカムラの超定番として、長〜く、季節を問わず人気の高いアグラパールが、 ワイン専門誌『ワイン王国13号』 のシャンパーニュの特集で、何とっ!トップに紹介されました。 日本では、全く無名な シャンパンでしたが、品質は、かなり高品質でしたので、ズ〜ッと人気を博してきましたが、こうやって雑誌に紹介されるという事は、 私達の舌もまんざらではないのかなぁ、 と嬉しくなりました(笑) タカムラの『ベスト・セラー』 である、『アグラパール』も、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号に、堂々登場! 『良い品揃えのセラーなら、必ず並べられるべきだ。』 と、かなり嬉しいコメントも♪ 【ロバート・パーカー氏の評価】 ファブリスとパスカル・アグラパールの兄弟は約10ヘクタールの古木の区画を本拠地アヴィーズと、同じコート・デ・ブラン地区内の近隣の村に所有している。 マロラクティック発酵を行っており、この造り手の凝縮したミネラル感のあるスタイルにはプラスとなっている。フィルター掛け無しで、ドサージュ量も極僅か。 アグラパールのピュアなシャンパンは、 私が出会った中で最もイキイキとしてエネルギーに溢れるシャンパン のひとつであり、良い品揃えのセラーなら、必ず並べられるべきだ。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) タカムラのお客様には、『アグラパール』は既に有名な存在ですが、 特筆すべきは そのコストパフォーマンスの高さ! シャンパンの中では、かなりお手頃な部類ですが、美味しさは他の造り手に肩を並べ、いや、そんじょそこらの物よりも、ずっと上質! 私自身 、人にプレゼントする事もありますし… 『オススメのシャンパンは、どれ?』 と、知人に聞かれれば、必ず、アグラパールは候補に挙げるほどです♪ 2008年、念願のアグラパール訪問 を果たし、兄弟の一人、パスカル氏と話し、その質の高さが、彼等の日々の真面目な仕事と 情熱にある事を実感 。久しぶりの晴れ間を見せたその日、私達とさよならした後、 一目散に畑に向う背中 を見て、思わず『ありがとう』と、心で呟きました。 造り手のファブリスとパスカルの2人は、丁度今、 働き盛り 。そんな彼等の日々の努力が実り、更に今後、大輪の花を咲かせてくれそうです。 『アグラパールのシャンパンが、日本で飲めて、幸せ〜♪』 しみじみそう思います。 納得の高評価! 造り手の熱い思いが生み出すアグラパール!! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 洗練されたデザインと耐久性> 2日目も美味しい秘密♪> アグラパールも参加した「テール・エ・ヴァン・ド・シャンパーニュ」の様子はこちら>

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アグラパール ブリュット 7クリュNV 泡 白 限定SALE,品質保証

ミシュラン《1ツ星》店で! 先日、ミシュランで 《1ツ星》 を獲得した和食屋さんに、行ってきました♪ 名店出身のご主人が作るお料理は、食べると体も心にしみわたり、元気になるような、 正統派の和食 。 お店の方の雰囲気もあいまって、気負い無く楽しめるそのお店のもう一つの魅力が、センスの光る、 お酒のラインナップ! 日本酒はもちろん、ワインも揃えていらっしゃり、リストは置かず、お勧めとして並べてくれるボトルは、フランス産から国産、はたまた、新世界のものが登場したりと、選ぶのも ワクワクする楽しさ なのです。 そんなお店で、シャブリを飲みつつ、美味しい料理に舌鼓を打っていた時でも、職業柄、気になるのは、隣の人が飲んでいるワイン♪ お隣さんが飲んでいたのは、シャンパンでした。 半分ほどだけこっちを向いていたラベルを見ると… 『あっ!』 あのラベルは、紛れもなく、タカムラで 大人気シャンパン の 《アグラパール》の7クリュ! そう、多くのキュベをシャルドネだけで仕込み、 味わい豊かな シャンパンを生み出すアグラパールのシャンパンは、素材と出汁の美味しさが生きた 正統派和食 にだって、 相性バッチリ♪ タカムラで、大ヒット記録を誇る美味しさは、 《1ツ星》 のお店でも、選ばれていました! 思わず、恨めしそうに隣のボトルを眺めてしまいました…(;^^) 心なしか、お隣の飲むペースは、早かったように思います(笑) フレンチから和食まで、その美味しさで大活躍のアグラパール。 ミシュラン星付 も認めた、間違いの無い美味しさを、ぜひお楽しみ下さい!! 4つの特級村 を含む、所有する7つの村のぶどうを用いたベーシック・キュヴェで、 個性豊かな味わい を持つ。 2年分のアッサンブラージュで3年間の瓶熟成。25%が樽にて醸造。 シャルドネ90% ピノ・ノワール10% ドザージュ7g/L ■『ワイン・アドボケイト誌197号』より抜粋■ This mid-weight, focused Champagne is all elegance and class . I especially like the cut and pure vibrancy of the finish. The 7 Crus is a fabulous introduction to the Agrapart house style. As the name suggest, the 7 Crus is made from seven villages: Avize, Oger, Oiry, Cramant, Avenay Val d’Or, Bergeres les Vertus & Mardeuil (70% Grand Cru , 30% Premier Cru). I realize I am beginning to sound like a broken record, but these are once again the finest wines I have tasted from Agrapart. From top to bottom, these Champagnes are simply stunning. ◆評価点数:91点 タカムラの超定番として、長〜く、季節を問わず人気の高いアグラパールが、 ワイン専門誌『ワイン王国13号』 のシャンパーニュの特集で、何とっ!トップに紹介されました。 日本では、全く無名な シャンパンでしたが、品質は、かなり高品質でしたので、ズ〜ッと人気を博してきましたが、こうやって雑誌に紹介されるという事は、 私達の舌もまんざらではないのかなぁ、 と嬉しくなりました(笑) タカムラの『ベスト・セラー』 である、『アグラパール』も、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号に、堂々登場! 『良い品揃えのセラーなら、必ず並べられるべきだ。』 と、かなり嬉しいコメントも♪ 【ロバート・パーカー氏の評価】 ファブリスとパスカル・アグラパールの兄弟は約10ヘクタールの古木の区画を本拠地アヴィーズと、同じコート・デ・ブラン地区内の近隣の村に所有している。 マロラクティック発酵を行っており、この造り手の凝縮したミネラル感のあるスタイルにはプラスとなっている。フィルター掛け無しで、ドサージュ量も極僅か。 アグラパールのピュアなシャンパンは、 私が出会った中で最もイキイキとしてエネルギーに溢れるシャンパン のひとつであり、良い品揃えのセラーなら、必ず並べられるべきだ。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) タカムラのお客様には、『アグラパール』は既に有名な存在ですが、 特筆すべきは そのコストパフォーマンスの高さ! シャンパンの中では、かなりお手頃な部類ですが、美味しさは他の造り手に肩を並べ、いや、そんじょそこらの物よりも、ずっと上質! 私自身 、人にプレゼントする事もありますし… 『オススメのシャンパンは、どれ?』 と、知人に聞かれれば、必ず、アグラパールは候補に挙げるほどです♪ 2008年、念願のアグラパール訪問 を果たし、兄弟の一人、パスカル氏と話し、その質の高さが、彼等の日々の真面目な仕事と 情熱にある事を実感 。久しぶりの晴れ間を見せたその日、私達とさよならした後、 一目散に畑に向う背中 を見て、思わず『ありがとう』と、心で呟きました。 造り手のファブリスとパスカルの2人は、丁度今、 働き盛り 。そんな彼等の日々の努力が実り、更に今後、大輪の花を咲かせてくれそうです。 『アグラパールのシャンパンが、日本で飲めて、幸せ〜♪』 しみじみそう思います。 納得の高評価! 造り手の熱い思いが生み出すアグラパール!! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 洗練されたデザインと耐久性> 2日目も美味しい秘密♪> アグラパールも参加した「テール・エ・ヴァン・ド・シャンパーニュ」の様子はこちら>

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アルマン ド ブリニャック ゴールドNV 泡 白 人気定番,本物保証

INFORMATIONNameArmand de Brignac Goldブドウ品種ピノ・ノワール/シャルドネ/ピノ・ムニエ 各1/3生産者名アルマン・ド・ブリニャック産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 今、巷で話題をさらっている、超ゴージャス・シャンパンをご存知ですか? 『オスカー賞』 や、 『ゴールデン・グローブ賞』 の受賞者に贈られ、 NBA 、 NFL でも採用、更には、全米のスター達が口にし、 全米の数々のセレブのパーティ には、必ず供されていると言われるほど、今、最もプレステージ性の高いシャンパン。 それが、アルマン・ド・ブリニャックです! この話題だけでも、超ゴージャスなのに、おまけに、その概観が、金ピカ! しかも、まだまだ凄い! ラベルはピューター(=スズを主成分とした合金)で出来ており、ひとつひとつ、手で付けられているとか!! 飲み終わっても捨てられないですね(^^; 華やかなイメージの飲み物としてのシャンパンの役割を、ここまで大胆に表現、 全米のセレブに愛され、今最も話題のシャンパン 、それが、アルマン・ド・ブリニャックなのです。 日本でも、シャンパン好きの間では、かなり噂になっているようで、タカムラにもお問い合わせ頂いた事がありますが、実際に目にされた事のある方、まして、飲んだ事のある方は、ごく一部なのでは? ヒップ・ホップ好きのお客様なら、きっとご存じだと思いますが、アメリカの人気ヒップ・ホップ・アーティスト『JAY−Z』や、『Pディディ』などのラッパー達が、一時期『ルイロデレールのクリスタル』というシャンパンの事を、歌詞に登場させたり、私生活でも愛飲している事を、いろんなインタビューに書いたりしていました。 『クリスタル=成功の象徴』という感じで、ラッパーだけではなく、マライア・キャリーなども、度々『クリスタル』を愛飲していました。 が! 2006年に、そのような事態が一変したのです!! なんと、『クリスタル』を造るルイ・ロデレール社のマネージング・ディレクターであるフレデリック・ルゾー氏が、ラッパー達が愛飲している事に、嫌悪感を示すような発言をしたのです。 この記事が、大々的に報道されるや否や、『JAY−Z』などは、『人種差別』ととらえ、『クリスタル』のボイコットを始めたのです! 飲み終わっても捨てられないですね(^^; 中でも象徴的なのは、 『JAY−Z』の『Show Me What You Got』 のビデオ・クリップ。 このビデオ・クリップの中で、ウェイターが持ってきたルイ・ロデレール社の『クリスタル』を、拒否し、自分のアタッシュ・ケースから、この『アルマン・ド・ブリニャック』を出すシーンがあるんです! 気になる方は、是非、このビデオ・クリップを、インターネットなどで検索して、見て下さい!ユーチューブなどで検索すると、すぐ出てきますよ〜。 そんな華やかな話題とは裏腹に、手掛けているのは、 シャンパン造りで200年以上の歴史を持つ、家族経営の造り手 だというところに、何だか少し、ホッとします♪ そんな訳で!ヒップ・ホップ好きのお客様に、是非とも飲んで頂きたい!!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アルマン ド ブリニャック ゴールドNV 泡 白 大得価,2019

INFORMATIONNameArmand de Brignac Goldブドウ品種ピノ・ノワール/シャルドネ/ピノ・ムニエ 各1/3生産者名アルマン・ド・ブリニャック産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 今、巷で話題をさらっている、超ゴージャス・シャンパンをご存知ですか? 『オスカー賞』 や、 『ゴールデン・グローブ賞』 の受賞者に贈られ、 NBA 、 NFL でも採用、更には、全米のスター達が口にし、 全米の数々のセレブのパーティ には、必ず供されていると言われるほど、今、最もプレステージ性の高いシャンパン。 それが、アルマン・ド・ブリニャックです! この話題だけでも、超ゴージャスなのに、おまけに、その概観が、金ピカ! しかも、まだまだ凄い! ラベルはピューター(=スズを主成分とした合金)で出来ており、ひとつひとつ、手で付けられているとか!! 飲み終わっても捨てられないですね(^^; 華やかなイメージの飲み物としてのシャンパンの役割を、ここまで大胆に表現、 全米のセレブに愛され、今最も話題のシャンパン 、それが、アルマン・ド・ブリニャックなのです。 日本でも、シャンパン好きの間では、かなり噂になっているようで、タカムラにもお問い合わせ頂いた事がありますが、実際に目にされた事のある方、まして、飲んだ事のある方は、ごく一部なのでは? ヒップ・ホップ好きのお客様なら、きっとご存じだと思いますが、アメリカの人気ヒップ・ホップ・アーティスト『JAY−Z』や、『Pディディ』などのラッパー達が、一時期『ルイロデレールのクリスタル』というシャンパンの事を、歌詞に登場させたり、私生活でも愛飲している事を、いろんなインタビューに書いたりしていました。 『クリスタル=成功の象徴』という感じで、ラッパーだけではなく、マライア・キャリーなども、度々『クリスタル』を愛飲していました。 が! 2006年に、そのような事態が一変したのです!! なんと、『クリスタル』を造るルイ・ロデレール社のマネージング・ディレクターであるフレデリック・ルゾー氏が、ラッパー達が愛飲している事に、嫌悪感を示すような発言をしたのです。 この記事が、大々的に報道されるや否や、『JAY−Z』などは、『人種差別』ととらえ、『クリスタル』のボイコットを始めたのです! 飲み終わっても捨てられないですね(^^; 中でも象徴的なのは、 『JAY−Z』の『Show Me What You Got』 のビデオ・クリップ。 このビデオ・クリップの中で、ウェイターが持ってきたルイ・ロデレール社の『クリスタル』を、拒否し、自分のアタッシュ・ケースから、この『アルマン・ド・ブリニャック』を出すシーンがあるんです! 気になる方は、是非、このビデオ・クリップを、インターネットなどで検索して、見て下さい!ユーチューブなどで検索すると、すぐ出てきますよ〜。 そんな華やかな話題とは裏腹に、手掛けているのは、 シャンパン造りで200年以上の歴史を持つ、家族経営の造り手 だというところに、何だか少し、ホッとします♪ そんな訳で!ヒップ・ホップ好きのお客様に、是非とも飲んで頂きたい!!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アンリ ビリオ アンボネイ ロゼNV 泡 ロゼ 定番人気

■輸入元様資料より抜粋■ ベースとなるシャンパーニュに、樽熟成させた 5年物のアンボネイ産ピノノワールの赤ワイン を4〜5%アッサンブラージュ。 淡い桜色が美しいロゼ。 ピノ・ノワール75%/シャルドネ25%にアンボネイ・ルージュをブレンド 『これはいい』 JJ.JOE様 深い味わいとフレッシュさを満喫 できました。 かなりいい泡 です。 また購入したい です ■ワイン名(原語)/Domaine Henri Billiot Ambonnay [NV] Rose ■色/シャンパーニュ(スパークリングワイン) 泡・白 ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/ピノ・ノワール75%/シャルドネ25% ■生産者名/アンリ・ビリオ/Domaine Henri Billiot ■産地/フランス/シャンパーニュ/アンボネイ ■原産地呼称/A.O.Cシャンパーニュ ■生産年/[NV] ■内容量/750ml 『神の雫』で主人公も絶賛! 100本から選りすぐられた ベスト泡です!! 4月1日に発売された、『週刊モーニング』に掲載の 『神の雫』 、ご覧になりましたか? 部署の存続をかけ、大事な会の スパークリング・ワイン選び を任される事になった、主人公の雫達。 ストーリーの中で… イメージに合う1本を探すため、航空会社のワインを選ぶ試飲会に参加します。 当日用意されたのは、シャンパンも含み、全て スパークリング・ワインが100本! 『ここに至るまで 3千本から100本 へと書類審査で絞ったんです。』 そんな、 厳選された100本 のスパークリングを、ブラインドで試飲した雫と本間氏が選んだ、フランス、イタリアのそれぞれベストは、なんと、 同じもの! 雫も… 『頭ひとつ抜けてましたよ』 と、絶賛した、 仏伊 の2本をご用意しました! 『神の雫』で 主人公も絶賛! 100本から選りすぐられた ベスト泡です!! アイ村と並び、優れたピノ・ノワールの双璧である、フィネスとエレガンスが現れるブドウが生まれる、特級アンボネイ村内に全ての所有畑を持つドメーヌ。 380haという広大な面積をもつアンボネイ村の中でも、ベストな斜面中腹部を中心に18区画所有し、レコルタンらしく畑仕事に力を注いでいます。 1940年代に、元詰めを創めた創設者アンリ・ビリオの時代からの英国の顧客を大事にしており、現在は息子セルジュ、娘レティシアと3世代に渡り引き継がれています。 が秘訣と、言葉少なめに語るセルジュのワインは、全てマロラクティック醗酵を行わず、ヴァンド・レゼルヴを50%と多めに用いるのが特徴です。 クリーミーでキメの細かい味わいはベースとなるワインの質の高さが伺い知れ、芳醇で熟成を重ねるとムルソーを髣髴させる。アンボネイ村の単一テロワールを体現できる貴重なドメーヌとして評価を得ています。 畑は、ほぼオーガニックに近いスタイルで耕作され、ヴァン・ド・レゼルヴが常に50%と多く用いられ、重厚で滑らかな酒質を産み出す要因となっています。 マロラクティック発酵は一切行われず、その重厚な酒質に酸をエレガントに調和させている為、デゴルジュマン後の熟成能力に満ちあふれています。

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アンリ ビリオ グラン クリュ アンボネイ キュヴェ トラディションNV 泡 白 新作,定番

ベストなシャンパン! 100本のスパークリング をブラインド試飲した、雫と本間氏が… 『ベストなシャンパン!』 として選んだのは、 アンリ・ビリオ! 【漫画の1コマ】 『すごいワインなのよ!』 『この『アンリ・ビリオ』もすごく少ない本数しか造らない典型的な『RM』で 質が高いわりに安い ので有名なのよ』 と、みやびが絶賛したかと思えば、雫が… 『う〜ん、確かに こいつはすごい 』 『ともかく華やかでいろんなフルーツやナッツの香りが渾然一体となっていてそれを下から支える ミネラルも感じられる。 』 と、大絶賛♪ ピノ・ノワールで有名な、 アンボネイ村 に居を構える、アンリ・ビリオは、小規模ながら、 高品質のシャンパン を生み出す、 熟練の技 が光る、信頼の置ける造り手です。 しかも、価格は、シャンパンとしてはかなり お手ごろ♪ シャンパン好きなら、 飲まない訳にいきません! 『神の雫』 掲載! 100本から選ばれた、 ベストなシャンパン!! 『あたまひとつ抜けている』 と、主人公の《雫》も 絶賛する美味しさ です!! 『ほんのり甘くておいしい!』legris様 ほんのり甘くておいしい! あまりシャンパンは飲まないのでモエぐらいしか名前はわかりませんでした。 シャンパンの名前を覚えるのは難しいですが、このレビューに記しておいて また買いたいなあ。 『神の雫』で主人公も絶賛! 100本から選りすぐられた ベスト泡です!! 4月1日に発売された、『週刊モーニング』に掲載の 『神の雫』 、ご覧になりましたか? 部署の存続をかけ、大事な会の スパークリング・ワイン選び を任される事になった、主人公の雫達。 ストーリーの中で… イメージに合う1本を探すため、航空会社のワインを選ぶ試飲会に参加します。 当日用意されたのは、シャンパンも含み、全て スパークリング・ワインが100本! 『ここに至るまで 3千本から100本 へと書類審査で絞ったんです。』 そんな、 厳選された100本 のスパークリングを、ブラインドで試飲した雫と本間氏が選んだ、フランス、イタリアのそれぞれベストは、なんと、 同じもの! 雫も… 『頭ひとつ抜けてましたよ』 と、絶賛した、 仏伊 の2本をご用意しました! 『神の雫』で 主人公も絶賛! 100本から選りすぐられた ベスト泡です!! アイ村と並び、優れたピノ・ノワールの双璧である、フィネスとエレガンスが現れるブドウが生まれる、特級アンボネイ村内に全ての所有畑を持つドメーヌ。 380haという広大な面積をもつアンボネイ村の中でも、ベストな斜面中腹部を中心に18区画所有し、レコルタンらしく畑仕事に力を注いでいます。 1940年代に、元詰めを創めた創設者アンリ・ビリオの時代からの英国の顧客を大事にしており、現在は息子セルジュ、娘レティシアと3世代に渡り引き継がれています。 が秘訣と、言葉少なめに語るセルジュのワインは、全てマロラクティック醗酵を行わず、ヴァンド・レゼルヴを50%と多めに用いるのが特徴です。 クリーミーでキメの細かい味わいはベースとなるワインの質の高さが伺い知れ、芳醇で熟成を重ねるとムルソーを髣髴させる。アンボネイ村の単一テロワールを体現できる貴重なドメーヌとして評価を得ています。 畑は、ほぼオーガニックに近いスタイルで耕作され、ヴァン・ド・レゼルヴが常に50%と多く用いられ、重厚で滑らかな酒質を産み出す要因となっています。 マロラクティック発酵は一切行われず、その重厚な酒質に酸をエレガントに調和させている為、デゴルジュマン後の熟成能力に満ちあふれています。

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アンリオ キュベ エメラ 2005 泡 白 tp 100%新品,SALE

アンリオらしさ全開! アンリオを代表するプレステージキュベ、アンシャンテルールに代わる、 新しいキュベとなるのが、このエメラ 。 エメラのリリース直前に、世界に先駆けて日本でお披露目会が行われた際、ジル・ド・ラルズィエール社長と、醸造責任者のローラン・フレネ氏が来日され、お話を聞いてきました! ギリシャ神話の 『光の女神』 にちなんで名付けられたエメラは、豊かな熟成感と複雑さを表現したアンシャンテルールよりも、 フレッシュ感やエレガンス を打ち出した、より アンリオらしさのあるシャンパン に仕立てたのだとか。 『アンリオらしさとは?』 ・フレッシュ ・ミネラリー ・果実味が豊か そして、アフターに 蜂蜜のニュアンス がある事と、ジル社長から説明があり、その後、実際に味わうことが出来ました。 その味わいは… 新雪を思わせるエアリーなタッチ、純度の高い氷のような輝きに満ちた透明感。 酸は瑞々しく溌剌で、フレッシュな果実味は健在、トロピカルなニュアンス、香ばしいデニッシュ、旨みも感じられ、懐の広い大らかな味わいは、もう既に美味しく、 アンリオらしさ全開状態! 実は、使用するブドウの畑や、ブレンドの 配合はアンシャンテルールと全く同じ というから、さらに驚きました。 当然、熟成もするのでしょうが、アンシャンテルールの熟成とは 異なるベクトルなのは明らか 。 新時代のシャンパンとしての理想形 、ターニングポイントとも言うべき重要な1本であると、断言させて頂きます!! INFORMATIONNameHenriot Cuvee Hemeraブドウ品種シャルドネ50%/ピノ・ノワール50%生産者名アンリオ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NIKKEIプラス1でも、 堂々の第一位獲得っ! これぞ、本物中の本物(^O^)v 以前このシャンパンのオーナーであるアンリオ氏が、大阪にある実店舗に来てくれました。 アンリオと言えば、 ワイン・ジャーナリストも認める超一流 の造り手です。 そんなシャンパンのオーナー自ら、わざわざフランスから、来店してくれたという事が、本当に嬉しく、またアンリオ氏自身が 『お客様と直接話がしたいので。』 という理由で、来店してくれたその姿勢が嬉しくて、かなり話にも熱が入ってしまいました。 アンリオと言えば、知る人ぞ知るシャンパーニュ地方でも有数の裕福な家系です。 そんなアンリオ氏が 目指している物 は、当然お金儲けではなく… ■常に最高のものを目指して造り続けたい。 ■シャンパンが熟成出来るという事を、世界に知らしめたい。 等、本当に 『シャンパンの美味しさを知らしめたい!』 という事のようでした。 飲んで頂ければ、その 意気込み 、感じて頂けると思います。 是非一度お試し下さいっ! ブラン・ド・ブラン(泡・白)ミレジメ 2006(泡・白)ブリュット ・スーヴェラン(泡・白)ブリュット・ロゼ(泡・ロゼ)キュヴェ・アンシャンテルール 2000(泡・白)

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アンリオ キュベ エメラ 2005 泡 白 tp 人気セール,定番

アンリオらしさ全開! アンリオを代表するプレステージキュベ、アンシャンテルールに代わる、 新しいキュベとなるのが、このエメラ 。 エメラのリリース直前に、世界に先駆けて日本でお披露目会が行われた際、ジル・ド・ラルズィエール社長と、醸造責任者のローラン・フレネ氏が来日され、お話を聞いてきました! ギリシャ神話の 『光の女神』 にちなんで名付けられたエメラは、豊かな熟成感と複雑さを表現したアンシャンテルールよりも、 フレッシュ感やエレガンス を打ち出した、より アンリオらしさのあるシャンパン に仕立てたのだとか。 『アンリオらしさとは?』 ・フレッシュ ・ミネラリー ・果実味が豊か そして、アフターに 蜂蜜のニュアンス がある事と、ジル社長から説明があり、その後、実際に味わうことが出来ました。 その味わいは… 新雪を思わせるエアリーなタッチ、純度の高い氷のような輝きに満ちた透明感。 酸は瑞々しく溌剌で、フレッシュな果実味は健在、トロピカルなニュアンス、香ばしいデニッシュ、旨みも感じられ、懐の広い大らかな味わいは、もう既に美味しく、 アンリオらしさ全開状態! 実は、使用するブドウの畑や、ブレンドの 配合はアンシャンテルールと全く同じ というから、さらに驚きました。 当然、熟成もするのでしょうが、アンシャンテルールの熟成とは 異なるベクトルなのは明らか 。 新時代のシャンパンとしての理想形 、ターニングポイントとも言うべき重要な1本であると、断言させて頂きます!! INFORMATIONNameHenriot Cuvee Hemeraブドウ品種シャルドネ50%/ピノ・ノワール50%生産者名アンリオ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NIKKEIプラス1でも、 堂々の第一位獲得っ! これぞ、本物中の本物(^O^)v 以前このシャンパンのオーナーであるアンリオ氏が、大阪にある実店舗に来てくれました。 アンリオと言えば、 ワイン・ジャーナリストも認める超一流 の造り手です。 そんなシャンパンのオーナー自ら、わざわざフランスから、来店してくれたという事が、本当に嬉しく、またアンリオ氏自身が 『お客様と直接話がしたいので。』 という理由で、来店してくれたその姿勢が嬉しくて、かなり話にも熱が入ってしまいました。 アンリオと言えば、知る人ぞ知るシャンパーニュ地方でも有数の裕福な家系です。 そんなアンリオ氏が 目指している物 は、当然お金儲けではなく… ■常に最高のものを目指して造り続けたい。 ■シャンパンが熟成出来るという事を、世界に知らしめたい。 等、本当に 『シャンパンの美味しさを知らしめたい!』 という事のようでした。 飲んで頂ければ、その 意気込み 、感じて頂けると思います。 是非一度お試し下さいっ! ブラン・ド・ブラン(泡・白)ミレジメ 2006(泡・白)ブリュット ・スーヴェラン(泡・白)ブリュット・ロゼ(泡・ロゼ)キュヴェ・アンシャンテルール 2000(泡・白)

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

アンリオ キュベ エメラ 2005 泡 白 tp 新作登場,2019

アンリオらしさ全開! アンリオを代表するプレステージキュベ、アンシャンテルールに代わる、 新しいキュベとなるのが、このエメラ 。 エメラのリリース直前に、世界に先駆けて日本でお披露目会が行われた際、ジル・ド・ラルズィエール社長と、醸造責任者のローラン・フレネ氏が来日され、お話を聞いてきました! ギリシャ神話の 『光の女神』 にちなんで名付けられたエメラは、豊かな熟成感と複雑さを表現したアンシャンテルールよりも、 フレッシュ感やエレガンス を打ち出した、より アンリオらしさのあるシャンパン に仕立てたのだとか。 『アンリオらしさとは?』 ・フレッシュ ・ミネラリー ・果実味が豊か そして、アフターに 蜂蜜のニュアンス がある事と、ジル社長から説明があり、その後、実際に味わうことが出来ました。 その味わいは… 新雪を思わせるエアリーなタッチ、純度の高い氷のような輝きに満ちた透明感。 酸は瑞々しく溌剌で、フレッシュな果実味は健在、トロピカルなニュアンス、香ばしいデニッシュ、旨みも感じられ、懐の広い大らかな味わいは、もう既に美味しく、 アンリオらしさ全開状態! 実は、使用するブドウの畑や、ブレンドの 配合はアンシャンテルールと全く同じ というから、さらに驚きました。 当然、熟成もするのでしょうが、アンシャンテルールの熟成とは 異なるベクトルなのは明らか 。 新時代のシャンパンとしての理想形 、ターニングポイントとも言うべき重要な1本であると、断言させて頂きます!! INFORMATIONNameHenriot Cuvee Hemeraブドウ品種シャルドネ50%/ピノ・ノワール50%生産者名アンリオ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NIKKEIプラス1でも、 堂々の第一位獲得っ! これぞ、本物中の本物(^O^)v 以前このシャンパンのオーナーであるアンリオ氏が、大阪にある実店舗に来てくれました。 アンリオと言えば、 ワイン・ジャーナリストも認める超一流 の造り手です。 そんなシャンパンのオーナー自ら、わざわざフランスから、来店してくれたという事が、本当に嬉しく、またアンリオ氏自身が 『お客様と直接話がしたいので。』 という理由で、来店してくれたその姿勢が嬉しくて、かなり話にも熱が入ってしまいました。 アンリオと言えば、知る人ぞ知るシャンパーニュ地方でも有数の裕福な家系です。 そんなアンリオ氏が 目指している物 は、当然お金儲けではなく… ■常に最高のものを目指して造り続けたい。 ■シャンパンが熟成出来るという事を、世界に知らしめたい。 等、本当に 『シャンパンの美味しさを知らしめたい!』 という事のようでした。 飲んで頂ければ、その 意気込み 、感じて頂けると思います。 是非一度お試し下さいっ! ブラン・ド・ブラン(泡・白)ミレジメ 2006(泡・白)ブリュット ・スーヴェラン(泡・白)ブリュット・ロゼ(泡・ロゼ)キュヴェ・アンシャンテルール 2000(泡・白)

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット 2008 ルイ ニケーズ 泡 白 S 品質保証

INFORMATIONNameExtra Brut Louis Nicaiseブドウ品種シャルドネ70%/ピノ・ノワール30%(オーヴィレール村のブドウ主体)生産者名ルイ・ニケーズ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジャック・セロスが切り拓いた、RMシャンパンの可能性を、更に広げている、 新世代RMの造り手 の中でも、『ワイナート誌65号』のシャンパン特集でも、注目の造り手として取り上げられたのは… ◆ベレッシュ ◆ラエルト・フレール 彼らの活躍と、シャンパンの魅力は、今や、シャンパン好きや美食家の間では有名ですが、 その二人と共に学び 、ジャック・セロスの 栽培・醸造を担当 、更には、グラン・クリュ・マイィの協同組合で、 デゴルジュマンの責任者として活躍 した、クレモン氏と妻のロールが手掛ける、シャンパンをご紹介します! その造り手、ルイ・ニケーズは、所有畑9.3haの大半を、オーヴィレ村に所有しているそうですが、なんと、オーヴィレ村は、畑の大半を、 モエ・エ・シャンドンが所有 しているとか。 しかも、その所有畑の大半のブドウは、あの ドン・ペリニョン・ロゼに使用 されるためのものなのだそうです! 実は、オーヴィレ村の格付けは、一級なのですが、ブドウの品質は、以前より、 特級と並ぶ評価 を受けているのだとか。 それだけ、質の高いブドウが生まれる、オーヴィレ村の丘の斜面に、複数の小区画を持つ、ルイ・ニケーズは、それぞれの異なる個性を生かすため 、品種を選び、栽培しているそうです。 そのルイ・ニケーズ。日本に入荷したのが、数年前の事だったと思うのですが、正直、その時には、特に強く感じるものはありませんでした。 ですが、ある日、試飲会で試飲したその味わいに、 『あれ?こんなに美味しかったっけ。』 と、再度確かめてしまうほど、以前と比べ、 明らかに進化していたのです! おそらく、彼らの世代になって、 進化を続けた結果 が、今の美味しさなのだと思います。 という事は、これからますます 進化する可能性大! RMらしいピュアさと伸び、口の中に広がるじわりとした旨みは、 ブルゴーニュ・ワインのよう 。 まだまだ目が離せない、RMシャンパンの世界から、またひとり 注目株が登場です!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット 2008 ルイ ニケーズ 泡 白 S 大得価,新作登場

INFORMATIONNameExtra Brut Louis Nicaiseブドウ品種シャルドネ70%/ピノ・ノワール30%(オーヴィレール村のブドウ主体)生産者名ルイ・ニケーズ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジャック・セロスが切り拓いた、RMシャンパンの可能性を、更に広げている、 新世代RMの造り手 の中でも、『ワイナート誌65号』のシャンパン特集でも、注目の造り手として取り上げられたのは… ◆ベレッシュ ◆ラエルト・フレール 彼らの活躍と、シャンパンの魅力は、今や、シャンパン好きや美食家の間では有名ですが、 その二人と共に学び 、ジャック・セロスの 栽培・醸造を担当 、更には、グラン・クリュ・マイィの協同組合で、 デゴルジュマンの責任者として活躍 した、クレモン氏と妻のロールが手掛ける、シャンパンをご紹介します! その造り手、ルイ・ニケーズは、所有畑9.3haの大半を、オーヴィレ村に所有しているそうですが、なんと、オーヴィレ村は、畑の大半を、 モエ・エ・シャンドンが所有 しているとか。 しかも、その所有畑の大半のブドウは、あの ドン・ペリニョン・ロゼに使用 されるためのものなのだそうです! 実は、オーヴィレ村の格付けは、一級なのですが、ブドウの品質は、以前より、 特級と並ぶ評価 を受けているのだとか。 それだけ、質の高いブドウが生まれる、オーヴィレ村の丘の斜面に、複数の小区画を持つ、ルイ・ニケーズは、それぞれの異なる個性を生かすため 、品種を選び、栽培しているそうです。 そのルイ・ニケーズ。日本に入荷したのが、数年前の事だったと思うのですが、正直、その時には、特に強く感じるものはありませんでした。 ですが、ある日、試飲会で試飲したその味わいに、 『あれ?こんなに美味しかったっけ。』 と、再度確かめてしまうほど、以前と比べ、 明らかに進化していたのです! おそらく、彼らの世代になって、 進化を続けた結果 が、今の美味しさなのだと思います。 という事は、これからますます 進化する可能性大! RMらしいピュアさと伸び、口の中に広がるじわりとした旨みは、 ブルゴーニュ・ワインのよう 。 まだまだ目が離せない、RMシャンパンの世界から、またひとり 注目株が登場です!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット アンボネイ グラン クリュ 2011 マルゲ 泡 白 定番,SALE

■輸入元様資料より抜粋■ 品種:ピノ・ノワール、シャルドネ 植樹:1975年以前 位置:標高130m 南東向き 土壌:粘土質 醸造:樽で発酵。樽(225L)で9ケ月間熟成 アンボネ村にある複数の、土壌の違う畑のブレンド。アンボネ村のテロワールを可能な限り、忠実に実現しようとした作品。また、それを可能にするのは1975年より前に植えられた 古樹 だから出来る事でもある。 同じ村の畑でも、 大きく異なるテロワールのハーモニーが感じられるキュヴェ 。 INFORMATIONNameExtra Brut Ambonnay Grand Cru Marguetブドウ品種ピノ・ノワール51%/シャルドネ49%生産者名ブノワ・マルゲ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『新たな可能性に向かって強く前進』 『自然な醸造方法に挑む』 『秀逸グラン・クリュ・シャンパーニュ』 ■輸入元様資料より抜粋■ 【ドメーヌについて】 1870年に創立、1905年からビン詰めを始める。現当主のブノワ・マルゲは5代目で、現在一家は5つのグラン・クリュ村(アンボネ、ブジィ、マイィ、シルリィ、ヴェルズネイ)と、セカンド・クリュ(エペルネ)に畑を保有しているが、優れた畑を所有しているだけでは優れたシャンパーニュができるわけではなく、 毎日勤勉に働き、多いなる情熱と心持ち、そして献身の結果にこそ大きな喜びと満足感が得られる という考えのもと日々ワイン造りに邁進している。 ブノワはもともと有機栽培に興味を持っており、2003年から2004年にかけて自分の畑でも実験を始めていたが2004年に デュヴァル・ルロワ社 でシェフ・ド・カーヴ(醸造長)を務めていたエルヴェ・ジェスタンを訪ねて以来、栽培・醸造の両面でエルヴェに導かれながら、新たな道に開眼し、2006年から本格的に二人の共同作業が始まった。歴史あるドメーヌの5代目であるブノワにとって、有機栽培に転換することは大変な困難を伴うものだったが、それにもかかわらずブノワは、あえて、売り易いが個性や品格に欠ける凡庸なシャンパーニュ作りを脱し、 新たな可能性 に向かって強く前進し始めている。 出会い: マルゲ(ペーレ・エ・フィス)については、樽試飲を通じて醸造家ブノワ・マルゲの確実な歩みを理解し、将来性を確信していました。が、訪問して最初の数年間は、まだ革新の成果が商品としてのワインに現れ出ていなかったので、良心的な価格ながら扱いを見送ってきました。思えば、生産者とインポーターの双方にとって、耐えなければならない苦しい時期でした。そして、本格的な変身の先駆けとなる シャンパーニュ・ロゼ (2009年ヴィンテッジ)がリリースされたのをきっかけとして、ようやく胸を張ってご紹介できることになりました。 100%有機栽培に転換した、2010年ベースのキュヴェがリリースされたのはそれから4年先の2014年。(この転換を気に、名称を「マルゲ・ペール・エ・フィス」から新たに「マルゲ」と改めています。)また数年後には、 ビオディナミ農法 のブドウを用い、可能な限り自然な醸造方法に挑む造りから生まれる、 比類のないグラン・クリュ・シャンパーニュ がリリースされる段取りなのです。 (合田泰子) 【畑について】 栽培:ビオディナミ 土壌:粘土石灰質 【醸造について】 醗酵:オーク樽、ステンレスタンク 熟成:オーク樽、ステンレスタンク

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット シャーマン14グラン クリュ NVマルゲ 泡 白 得価,本物保証

■輸入元様資料より抜粋■ 品種:ピノ・ノワール主体、シャルドネ 植樹:1970年代 位置:標高120〜180m 南東向き 土壌:白亜・粘土質、シルト粘土質、白亜質、白亜上のトゥーフォ 醸造:樽で発酵。樽(225L)で9ケ月間熟成 ブドウはアンボネ村とブジィ村の自社畑のみ。ヴァン・クレールでの熟成の段階で、より熟成が進んでいるものを選びます。 ただし、その他の単一クリュのヴァン・クレールをブレンドする事もあります。たとえば、ビューリー、サン・レミー、クレイエール、ベルモン、グランド・リュエルなどの、単一クローンが多く植えられた1975年より前に植樹された畑などです。 リザーヴワインは、バリックもしくはフードルで熟成されていて、ブレンド比率は通常15〜30%。 INFORMATIONNameExtra Brut Shaman Grand Cru Marguetブドウ品種ピノ・ノワール76%/シャルドネ24%生産者名ブノワ・マルゲ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『新たな可能性に向かって強く前進』 『自然な醸造方法に挑む』 『秀逸グラン・クリュ・シャンパーニュ』 ■輸入元様資料より抜粋■ 【ドメーヌについて】 1870年に創立、1905年からビン詰めを始める。現当主のブノワ・マルゲは5代目で、現在一家は5つのグラン・クリュ村(アンボネ、ブジィ、マイィ、シルリィ、ヴェルズネイ)と、セカンド・クリュ(エペルネ)に畑を保有しているが、優れた畑を所有しているだけでは優れたシャンパーニュができるわけではなく、 毎日勤勉に働き、多いなる情熱と心持ち、そして献身の結果にこそ大きな喜びと満足感が得られる という考えのもと日々ワイン造りに邁進している。 ブノワはもともと有機栽培に興味を持っており、2003年から2004年にかけて自分の畑でも実験を始めていたが2004年に デュヴァル・ルロワ社 でシェフ・ド・カーヴ(醸造長)を務めていたエルヴェ・ジェスタンを訪ねて以来、栽培・醸造の両面でエルヴェに導かれながら、新たな道に開眼し、2006年から本格的に二人の共同作業が始まった。歴史あるドメーヌの5代目であるブノワにとって、有機栽培に転換することは大変な困難を伴うものだったが、それにもかかわらずブノワは、あえて、売り易いが個性や品格に欠ける凡庸なシャンパーニュ作りを脱し、 新たな可能性 に向かって強く前進し始めている。 出会い: マルゲ(ペーレ・エ・フィス)については、樽試飲を通じて醸造家ブノワ・マルゲの確実な歩みを理解し、将来性を確信していました。が、訪問して最初の数年間は、まだ革新の成果が商品としてのワインに現れ出ていなかったので、良心的な価格ながら扱いを見送ってきました。思えば、生産者とインポーターの双方にとって、耐えなければならない苦しい時期でした。そして、本格的な変身の先駆けとなる シャンパーニュ・ロゼ (2009年ヴィンテッジ)がリリースされたのをきっかけとして、ようやく胸を張ってご紹介できることになりました。 100%有機栽培に転換した、2010年ベースのキュヴェがリリースされたのはそれから4年先の2014年。(この転換を気に、名称を「マルゲ・ペール・エ・フィス」から新たに「マルゲ」と改めています。)また数年後には、 ビオディナミ農法 のブドウを用い、可能な限り自然な醸造方法に挑む造りから生まれる、 比類のないグラン・クリュ・シャンパーニュ がリリースされる段取りなのです。 (合田泰子) 【畑について】 栽培:ビオディナミ 土壌:粘土石灰質 【醸造について】 醗酵:オーク樽、ステンレスタンク 熟成:オーク樽、ステンレスタンク

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット ブラン ド ブラン レ ルーロ 2011 クレモン ペルスヴァル 泡 白 tp S 限定セール,2019

■輸入元様資料より抜粋■ 20代後半の若手醸造家クレモン・ペルスヴァル。 学校卒業後にジャック・セロス等で研修をした後、2010年に自らのドメーヌを設立しました。 ペルスヴァルのシャンパーニュの品質の高さは、リリース直後から周囲の造り手達やランス市内のカヴィストの間で評判に。 次世代のジャック・セロス として、今最も 注目を集めています。シャムリィ村のミクロクリマに注目し、 砂・粘土・石灰の3 つの土壌から異なるタイプのシャンパーニュをリリース。現在では 仏国内でさえ入手困難 になっています。 ■Blanc de Blancs Extra Brut ''Les Rouleaux'' 2011 丘の上部に位置する“レ・ルーロー”区画のシャルドネのみ。粘土石灰質。木樽にて12ヶ月熟成後、更にホーロー製タンクで11ヶ月熟成。 2013年4月ティラージュ。2016年10月デゴルジュマン。42ヶ月熟成。生産量1600本のみ。 INFORMATIONNameExtra Brut Blanc de Blancs Les Rouleaux Clement Persevalブドウ品種シャルドネ生産者名クレモン・ペルスヴァル産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)/モンターニュ・ド・ランス/シャムリィRegionFrance/Champagne/Montagne de Reims/Chamery内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《ポスト・セロス》 愛弟子に、期待の新人登場! 師匠を超えるか!? 《シャンパーニュ界の革命児》とも言える、ジャック・セロスのアンセルム・セロス。 彼の凄さは、今までのシャンパンの概念に捕われず、『信じた道』を進み、 独自の個性で世を魅了 した事。 そんな意思は、愛弟子である、ジェローム・プレヴォー等、今や入手難度は師匠越え!?な才能にも、引き継がれています。 そんな中、また一人、 『ポスト・セロス』の有力株が登場です! まだ若いながら、 既に国内で入手難になりつつある という、クレモン・ペルスヴァルです! 【現地での評価】 『クレモンのシャンパーニュの 品質の高さ は、リリース直後から周囲の造り手達やランス市内のカヴィストの間で評判に。 現在では、 仏国内でさえ入手困難 になりつつある。』 と、輸入元さんの資料でも、その 注目度の高さ が伺える、彼のシャンパン。 セロスで研修した、というのが大事ではなく、ある意味、セロスの若かりし日もこうだったのではないか、と思わせる 考え方、意志の強さを感じます 。 ■輸入元様資料より抜粋■ 20代後半の若手醸造家クレモン・ペルスヴァル。学校卒業後に ジャック・セロス等で研修 をして2010年に自らのドメーヌを設立した。 父から譲り受けた4ha程の畑は 全てプルミエ・クリュ・シャムリィ村 。 モンターニュ・ド・ランスの中地に位置し南東向きの斜面を持つ小さな村だ。興味深いのはこの村のテロワール。下層にはこのモンターニュ・ド・ランス特有のチョークだが 表面は2m以上も砂質土壌に覆われている 。 砂質土壌の特徴は 水はけの良さと葡萄の熟度の高さ 。表土に含まれる砂が日中の熱を蓄え、葡萄樹を温め、熟度の高い葡萄が収穫できる。表土が浅いモンターニュ・ド・ランスの東ではダイレクトに根がチョーク層に届く事で、鋭角な酸がワインに表れるが、シャムリィ村の砂質土壌からは より繊細でバランスの取れた緻密なシャンパーニュが生まれる 。 クレモンのシャンパーニュの品質の高さは、リリース直後から周囲の造り手達やランス市内のカヴィストの間で評判に。 現在では、 仏国内でさえ入手困難 になりつつある。 『試飲会に参加した事は殆ど無い。今のところは 予約で完売 してしまっているからね。それに僕は、人前に出るよりも葡萄樹の手入れをしている方が好きなんだ。』 《マクロクリマにより3つの土壌が存在する区画》 『シャムリィ村では、同じ丘の斜面でも区画ごとにミクロクリマが存在している。調べてみると、僕が所有する畑には、 同じ区画の中でも更に細かいテロワールの違いがある事に気がついた 。』 村の南西にある緩やかな傾斜を持つ、クレモンの区画には 3つの異なる土壌 が存在する。区画の上部にあるのは 粘土質土壌 。そこから50メートル程緩やかな斜面を下ると 砂質土壌 。更に下方へ移動すると、今度は白色石灰を多く含む 粘土石灰質土壌 が表れる。 この区画には全てシャルドネが植えられているが、土壌によって仕上がるワインの個性は大きく異なる。 繊細で華やかなアロマを持つ砂質土壌 のシャルドネは、ピノ・ノワールやピノ・ムニエとアッサンブラージュ、 石灰土壌のシャルドネはそのミネラル豊かな味わい を活かすため、ブラン・ド・ブランに使用する。 『なぜ下の方には石灰が多い土壌があるかって?それは僕にも分らない。言える事は僕の区画には 稀少なマクロクリマが存在する という事。面白いでしょう。 この特徴の違いをより引き出すようなシャンパーニュを造りたい。 』 ブドウ栽培は極めてシンプルな方法で行われる。父の代から冬の間は除草せずに畝の間に草を生やす事で土壌を柔らかく保ってきた。クレモンは更に畑の品質向上に力を注ぎ、 除草剤や化学肥料の使用を一切中止した 。 『畑の状態は3年目の春に劇的に変わった。タンポポや他の花が畑覆う様に咲きだしたんだ。』 ビオロジックやビオディナミの認証には拘らず、気候的に難しい年には最低限の有機肥料による処理を行う事もある。 『シンプルにワインを造るという事は、葡萄樹に必要な処置を正しく選ぶ事だと思っている』 砂質土壌のクレモンの畑は、春になると黄色の絨毯を敷いたようにタンポポが咲く。 土は指の間からさらさらとこぼれて行く程の柔らかく細かい砂に細かい植物の根が多く混ざる。 植物の根はバランスよく土壌に空気を抱き込ませ、微生物がより活発に活動すると言う。 『将来的に目指すのはブルゴーニュの様なシャンパーニュ。 テロワールを明確に表現していきたい 。今後は単一品種、単一区画、単一年でシャンパーニュを造っていく』 自らの所有する畑の土壌の複雑さを知るほど、その個性を反映したシャンパーニュを造りたいという思いは膨らむ。 数年後には3つの土壌を持つシャルドネの区画からは3つの異なるキュベをリリースする予定だ。 『畑を丁寧に耕して来た祖父や父は、数畝毎に異なるこの村の特殊な土壌に以前から気付いていた。だから各土壌に相応しい品種を細かく分けて植えたんだ。僕はそれらを異なるキュヴェのシャンパーニュとして仕上げていきたい。』 今後は父が所有する残りの畑も徐々に引継いでいく。 クレモンは確実にこれからの時代のシャンパーニュを代表する造り手となって行くだろう。 マイナー産地でも、世にその存在を知らしめた、ジェローム・プレヴォーのように、彼のワインもまた、多くのシャンパン・ファンが、ラブ・コールを送りそうです…。 日本に上陸して間もない ので、まだほとんど、市場に出回っていない 今がチャンス かもしれません。 師匠越えの日も来るのか!? 注目の新人 、クレモン・ペルスヴァルです!!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット プルミエ クリュ ル テール フィーヌNVドント グルレ 泡 白 人気定番,限定セール

■輸入元様資料より抜粋■ キュイ(プルミエ・クリュ)産 シャルドネ100% によるブラン・ド・ブラン。 平均樹齢45年。1986年から毎年注ぎ足しているヴァン・ド・レゼルヴ(一部樽熟成)30%使用。スレンレスタンクで醸造。ドザージュは2g/l。 作品名の『レ・テール・フィーヌ』は 『繊細な(シャンパンを生み出す)土壌』 の意味で、グランクリュ・クラマンの北に接するキュイが誇る重厚な白亜(石灰)質土壌を表したものです。 ■ワイン名(原語)/Extra Brut Premier Cru Les Terres Fines NV Dhondt-Grellet ■ブドウ品種/キュイ(プルミエ・クリュ)産シャルドネ100% ■生産者名/ドント・グルレ ■産地/フランス/シャンパーニュ(シャンパン)/アヴィーズ(醸造所所在地) ■内容量/750ml

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット プルミエ クリュNV ルクレール ブリアン 泡 白 S 新作入荷,格安

さすがの1級畑! ピノ・ノワールが70%と多く、横への広がり、香りにはピノ・ノワールの魅力を存分に感じさせつつ、エルヴェ氏の目指す、 ピュアでエレガントな印象を失わない、充実した味わい が魅力です。 ドサージュ2.5g/Lという少なさとは思えない、 広がりのある世界観 をお楽しみ頂けます。 ■輸入元様資料より抜粋■ 70%Pinot Noir, 15%Pinot Meunier, 15%Chardonnay Verzenay, Bisseuil 2013 年主体。20%バリック発酵・熟成。ドサージュ2.5g。 リザーヴワインはごく少量のみ。ステンレス、木樽、アンフォラ、金 で内側をコーティングしたステンレス樽で熟成したものをアッサン ブラージュ。 エルヴェ自身が最もお気に入りのキュヴェ。 色々な 畑のアッサンブラージュなので 低価格でも深み、旨み、広がり、 綺麗さ、飲み心地、全てを手に入れられる。 INFORMATIONNameExtra Brut Premier Cru Leclerc Briantブドウ品種ピノ・ノワール70%/ピノ・ムニエ15%/シャルドネ15%生産者名ルクレール・ブリアン産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット プルミエ クリュNV ルクレール ブリアン 泡 白 S 爆買い,お得

さすがの1級畑! ピノ・ノワールが70%と多く、横への広がり、香りにはピノ・ノワールの魅力を存分に感じさせつつ、エルヴェ氏の目指す、 ピュアでエレガントな印象を失わない、充実した味わい が魅力です。 ドサージュ2.5g/Lという少なさとは思えない、 広がりのある世界観 をお楽しみ頂けます。 ■輸入元様資料より抜粋■ 70%Pinot Noir, 15%Pinot Meunier, 15%Chardonnay Verzenay, Bisseuil 2013 年主体。20%バリック発酵・熟成。ドサージュ2.5g。 リザーヴワインはごく少量のみ。ステンレス、木樽、アンフォラ、金 で内側をコーティングしたステンレス樽で熟成したものをアッサン ブラージュ。 エルヴェ自身が最もお気に入りのキュヴェ。 色々な 畑のアッサンブラージュなので 低価格でも深み、旨み、広がり、 綺麗さ、飲み心地、全てを手に入れられる。 INFORMATIONNameExtra Brut Premier Cru Leclerc Briantブドウ品種ピノ・ノワール70%/ピノ・ムニエ15%/シャルドネ15%生産者名ルクレール・ブリアン産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット ミレジム 2004 フルーリー 泡 白 大人気,100%新品

■ワイン名(原語)/Extra Brut Millesime Fleury ■ブドウ品種/ピノ・ノワール80%/シャルドネ20% ■生産者名/フルーリー ■産地/フランス/シャンパーニュ(シャンパン) ■内容量/750ml 《家族経営》 尊敬を集める ビオディナミの先駆者! シャンパーニュにおける 有機栽培 と、 ビオディナミの先駆者 として尊敬を集めている 《フルーリー》 。 1895年より家族経営のドメーヌとしてシャンパン造りを行っており、 RM(レコルタン・マニピュラン)の先駆者 でもあります。 『どんな地球を子孫に残すのか?』 と環境保護に目を向けた、3代目のジャン・ピエール・フルーリー氏が1970年から、シャンパーニュでは困難とされる有機栽培を開始。 1989年には、ビオディナミでの栽培でシャンパーニュ初の 《デメテール認証》 を受け、1992年には全ての畑でビオディナミを実践しています。 転機となったのは、2008年。 ビオディナミに基づく独自の哲学で、シャンパーニュを中心に国際的に活躍している、エルヴェ・ジェスタン氏をコンサルタントに招き、根本的な革新を図りました。 今では、 沢山の造り手が畑を見学に訪れる のだとか。 そして、その変化を見逃さなかったのが、《ユリス・コラン》、《マルゲ》や《エマニュエル・ブロシェ》など、長らく個性あふれる造り手のシャンパンを、日本に紹介してきた輸入元様。 本国でも、 数多くの星付きレストラン にオンリストされ、 ノーベル賞授賞式のレセプション などで提供もされているほど、 世界的に評価 されています。 ビオディナミ開始から30年以上が経ち、 テロワールが宿された フルーリのシャンパンを1人でも多くのシャンパン愛好家に知って頂きたいです♪

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エクストラ ブリュット ミレジム 2004 フルーリー 泡 白 得価,2019

■ワイン名(原語)/Extra Brut Millesime Fleury ■ブドウ品種/ピノ・ノワール80%/シャルドネ20% ■生産者名/フルーリー ■産地/フランス/シャンパーニュ(シャンパン) ■内容量/750ml 《家族経営》 尊敬を集める ビオディナミの先駆者! シャンパーニュにおける 有機栽培 と、 ビオディナミの先駆者 として尊敬を集めている 《フルーリー》 。 1895年より家族経営のドメーヌとしてシャンパン造りを行っており、 RM(レコルタン・マニピュラン)の先駆者 でもあります。 『どんな地球を子孫に残すのか?』 と環境保護に目を向けた、3代目のジャン・ピエール・フルーリー氏が1970年から、シャンパーニュでは困難とされる有機栽培を開始。 1989年には、ビオディナミでの栽培でシャンパーニュ初の 《デメテール認証》 を受け、1992年には全ての畑でビオディナミを実践しています。 転機となったのは、2008年。 ビオディナミに基づく独自の哲学で、シャンパーニュを中心に国際的に活躍している、エルヴェ・ジェスタン氏をコンサルタントに招き、根本的な革新を図りました。 今では、 沢山の造り手が畑を見学に訪れる のだとか。 そして、その変化を見逃さなかったのが、《ユリス・コラン》、《マルゲ》や《エマニュエル・ブロシェ》など、長らく個性あふれる造り手のシャンパンを、日本に紹介してきた輸入元様。 本国でも、 数多くの星付きレストラン にオンリストされ、 ノーベル賞授賞式のレセプション などで提供もされているほど、 世界的に評価 されています。 ビオディナミ開始から30年以上が経ち、 テロワールが宿された フルーリのシャンパンを1人でも多くのシャンパン愛好家に知って頂きたいです♪

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エグリ ウーリエ ブリュット ロゼ グラン クリュNV 泡 ロゼ tp 新品,高品質

昨日飲みました! 『噂には、聞いていたが、まさかここまで、美味しいとは…。』 というのが 正直な感想 です。 香りは、スモーキーとさえ表現したくなるような、上質のブルゴーニュを彷彿とさせる若干の熟成香を感じさせ、かつ、イチゴっぽい、柔らかな含みのある香り。 味わいは、ふくよかでミネラルがありつつも、ロゼならではの酸と、ボディのバランスがシッカリとした、味わいが楽しめる、飲み応えのある一本です。 アンボネー村を拠点とする、エグリ・ウーリエが持つ赤ワインを使ってでしか出せない、ロゼの味わいが楽しめます。 鴨肉との相性も、相当良さそうです! さすが、あの ジャック・セロス がエグリ・ウーリエの赤ワインを使って、稀にしか出回らないロゼを造るというのが、納得できる逸品!! 本元のエグリ・ウーリエのロゼを、存分にお楽しみ下さい♪ ブルゴーニュTOPクラスの造り手、 ドミニク・ローラン との出会いにより、更に質を極めたと言われますが、コレを飲めば、その理由も合点が行きます。 雑誌でも驚きのコメントを… 他の生産者達から『完全主義者』と崇められ、世の中に『アンボネイにエグリ・ウーリエあり』と讃えられるのか、よく分かった。 (『ワイナート誌21号』よリ抜粋) ジャック・セロスのロゼ用赤ワインは、エグリ・ウーリエのものを使っている事は知られていますが、そうなれば、 ご想像 のように、ウーリエのロゼも、その美味しさはさすがのもの。 48ヶ月 という、長熟の末リリースされるその1本は、ただ、ロゼ色のシャンパンなのではなく、香り、味わいともに、ロゼの個性を際立たせた、 力強さも備えたロゼ です。 【ロバート・パーカー氏の評価】 The NV Brut Rose Grand Cru is a very serious wine. This intense Champagne flows onto the palate with intricate layers of small red berries、 pomegranate、 flowers and spices in a style that marries power to a decidedly pure、 pointillistic expression of fruit. This is another wine that continues to grow in the glass in an utterly captivating、 seductive style. Egly-Ouriet’s Rose is best enjoyed with food、 preferably over several hours 、 which will give readers the opportunity to experience this wine in its full splendor. The Rose is 60% Pinot Noir and 40% Chardonnay with the addition of still Pinot juice from Ambonnay that spent 48 months on its lees prior to being disgorged in July、 2008. Anticipated maturity: 2008-2011. ◆ロバート・パーカー氏評:92点 ◆飲み頃予想:2008〜2011年 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) 『食事と供に、数時間をかけて楽しむのは理想的』 と言われるそのゆえんは、本質がしっっかりしているからこそ。 ウーリエの ピノの魅力 を存分に味わえる1本です! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 『素晴らしいシャンパンです。』きなこーでぃ様 以前飲んだNVのBRUTが美味しかったので、今回はロゼを購入。 苺の香り と 細やかな泡立ち が繊細さを感じさせつつも ボディーはしっかり としていて本当に美味しかったです。 気軽に飲める値段ではないですが、 また飲みたい一本 でした。 INFORMATIONNameEgly Ouriet Grand Cru Brut Roseブドウ品種ピノ・ノワール60%/シャルドネ40%生産者名エグリ・ウーリエ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ワイン専門誌評価、最高の5ツ星! 待ちに待った造り手のシャンパンが入荷して参りましたっ!! 優れたRMとして、名の挙がる筆頭の造り手、エグリ・ウーリエです。その証拠に、ロバート・パーカー氏の『ワインバイヤーズ・ガイド』では、 なんと! 「クリュッグ」 「ボランジェ」 「アンリオ」 などの名門シャンパン・ハウスと肩を並べる 最高評価! 5つ星★★★★★ の評価を受けるほど! ワイナート誌21号でもこの秀でたシャンパン・メゾンに惜しみない賛辞 を送っています。 業界でもかなり話題です。1200以上の掲載生産者のうち、3ツ星獲得は、たった49生産者のみ。 選ばれたのは、ボルドーでは、5大シャトーや、オーゾンヌ、シュヴァル・ブランなど、そして、ブルゴーニュでは、ルフレーヴやアルマン・ルソー、ルロワ、コシュ・デュリなど、 『超』のつく、一流生産者ばかり。 シャンパンの生産者のページを見ると、昨年同様、 ボランジェ、クリュッグ、サロンが、三ツ星を獲得。 老舗メゾンに肩を並べるのが、いかに大変で、いかに凄い事か。 正直、ビックリすると同時に、ずっとオススメして来た私達としては、鳥肌が立つほど、嬉しかったです♪ 人気に比べ、生産量もさほど多くなく、 入荷がままならない事も多いのに、この先益々、入手難に拍車がかかりそうで、やや複雑ですが、それにしても、この快挙、凄いです! 彼のシャンパンは、一度飲めば、虜になる人、多数です。 皆さんも是非、深みにはまって下さい(笑) 先日、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号の高評価を得た、『ジャック・セロス』をご紹介させて頂きましたが、ジャック・セロスがシャルドネを特徴とするRM(=レコルタン・マニピュラン)の巨頭なら、ピノ・ノワールのRMの巨頭と言えば、エグリ・ウーリエに間違いありません。 そして、エグリ・ウーリエもやはり、『ワイン・アドボケイト誌』180号で、素晴らしい評価を獲得しています! 【ロバート・パーカー氏の評価】 フランシス・エグリのシャンパンは、私が試飲した中で、 最も印象的 なひとつである。 8ヘクタールの古木の区画を有し、その大半は、拠点となるアンボネの畑である。 ワインはピュアで作為的でなく、ノン・フィルターで品種とテロワールの 個性をはっきり と際立たせている。 私はいつも、エグリ・ウーリエのワインを飲むのを楽しみにしており、 かなりオススメである。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) シャンパン好きの方が多いタカムラのお客様にとっては、すっかりお馴染みのエグリ・ウーリエ。フランスのワイン評価本『クラスマン』では、ジャック・セロスよりも一年早く… ・クリュッグ ・サロン ・ボランジェ という有名どころに肩を並べ、 最高の『3ッ星』評価 を獲得したほど! エグリ・ウーリエのシャンパンを知って、もう10年ほどになるかと思いますが、才能溢れるフランシス・エグリ氏の努力の甲斐あって、その美味しさにますます磨きが掛かり、その人気は、 世界規模で上昇 の一途を辿っています。 そして更に、今回のこの評価。またまた入手難度に拍車がかかりそうです…(汗) 『1999年』や、『ブラン・ド・ノワール』など、一年のうち、欠品している期間の方が長い希少アイテムから、根強い人気の『トラディション』、ピノの醍醐味を見せてくれる『ロゼ』まで、今なら、高い評価を得た、様々なアイテムが揃います! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エグリ ウーリエ ブリュット ロゼ グラン クリュNV 泡 ロゼ tp 驚きの破格値,安い

昨日飲みました! 『噂には、聞いていたが、まさかここまで、美味しいとは…。』 というのが 正直な感想 です。 香りは、スモーキーとさえ表現したくなるような、上質のブルゴーニュを彷彿とさせる若干の熟成香を感じさせ、かつ、イチゴっぽい、柔らかな含みのある香り。 味わいは、ふくよかでミネラルがありつつも、ロゼならではの酸と、ボディのバランスがシッカリとした、味わいが楽しめる、飲み応えのある一本です。 アンボネー村を拠点とする、エグリ・ウーリエが持つ赤ワインを使ってでしか出せない、ロゼの味わいが楽しめます。 鴨肉との相性も、相当良さそうです! さすが、あの ジャック・セロス がエグリ・ウーリエの赤ワインを使って、稀にしか出回らないロゼを造るというのが、納得できる逸品!! 本元のエグリ・ウーリエのロゼを、存分にお楽しみ下さい♪ ブルゴーニュTOPクラスの造り手、 ドミニク・ローラン との出会いにより、更に質を極めたと言われますが、コレを飲めば、その理由も合点が行きます。 雑誌でも驚きのコメントを… 他の生産者達から『完全主義者』と崇められ、世の中に『アンボネイにエグリ・ウーリエあり』と讃えられるのか、よく分かった。 (『ワイナート誌21号』よリ抜粋) ジャック・セロスのロゼ用赤ワインは、エグリ・ウーリエのものを使っている事は知られていますが、そうなれば、 ご想像 のように、ウーリエのロゼも、その美味しさはさすがのもの。 48ヶ月 という、長熟の末リリースされるその1本は、ただ、ロゼ色のシャンパンなのではなく、香り、味わいともに、ロゼの個性を際立たせた、 力強さも備えたロゼ です。 【ロバート・パーカー氏の評価】 The NV Brut Rose Grand Cru is a very serious wine. This intense Champagne flows onto the palate with intricate layers of small red berries、 pomegranate、 flowers and spices in a style that marries power to a decidedly pure、 pointillistic expression of fruit. This is another wine that continues to grow in the glass in an utterly captivating、 seductive style. Egly-Ouriet’s Rose is best enjoyed with food、 preferably over several hours 、 which will give readers the opportunity to experience this wine in its full splendor. The Rose is 60% Pinot Noir and 40% Chardonnay with the addition of still Pinot juice from Ambonnay that spent 48 months on its lees prior to being disgorged in July、 2008. Anticipated maturity: 2008-2011. ◆ロバート・パーカー氏評:92点 ◆飲み頃予想:2008〜2011年 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) 『食事と供に、数時間をかけて楽しむのは理想的』 と言われるそのゆえんは、本質がしっっかりしているからこそ。 ウーリエの ピノの魅力 を存分に味わえる1本です! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 『素晴らしいシャンパンです。』きなこーでぃ様 以前飲んだNVのBRUTが美味しかったので、今回はロゼを購入。 苺の香り と 細やかな泡立ち が繊細さを感じさせつつも ボディーはしっかり としていて本当に美味しかったです。 気軽に飲める値段ではないですが、 また飲みたい一本 でした。 INFORMATIONNameEgly Ouriet Grand Cru Brut Roseブドウ品種ピノ・ノワール60%/シャルドネ40%生産者名エグリ・ウーリエ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ワイン専門誌評価、最高の5ツ星! 待ちに待った造り手のシャンパンが入荷して参りましたっ!! 優れたRMとして、名の挙がる筆頭の造り手、エグリ・ウーリエです。その証拠に、ロバート・パーカー氏の『ワインバイヤーズ・ガイド』では、 なんと! 「クリュッグ」 「ボランジェ」 「アンリオ」 などの名門シャンパン・ハウスと肩を並べる 最高評価! 5つ星★★★★★ の評価を受けるほど! ワイナート誌21号でもこの秀でたシャンパン・メゾンに惜しみない賛辞 を送っています。 業界でもかなり話題です。1200以上の掲載生産者のうち、3ツ星獲得は、たった49生産者のみ。 選ばれたのは、ボルドーでは、5大シャトーや、オーゾンヌ、シュヴァル・ブランなど、そして、ブルゴーニュでは、ルフレーヴやアルマン・ルソー、ルロワ、コシュ・デュリなど、 『超』のつく、一流生産者ばかり。 シャンパンの生産者のページを見ると、昨年同様、 ボランジェ、クリュッグ、サロンが、三ツ星を獲得。 老舗メゾンに肩を並べるのが、いかに大変で、いかに凄い事か。 正直、ビックリすると同時に、ずっとオススメして来た私達としては、鳥肌が立つほど、嬉しかったです♪ 人気に比べ、生産量もさほど多くなく、 入荷がままならない事も多いのに、この先益々、入手難に拍車がかかりそうで、やや複雑ですが、それにしても、この快挙、凄いです! 彼のシャンパンは、一度飲めば、虜になる人、多数です。 皆さんも是非、深みにはまって下さい(笑) 先日、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号の高評価を得た、『ジャック・セロス』をご紹介させて頂きましたが、ジャック・セロスがシャルドネを特徴とするRM(=レコルタン・マニピュラン)の巨頭なら、ピノ・ノワールのRMの巨頭と言えば、エグリ・ウーリエに間違いありません。 そして、エグリ・ウーリエもやはり、『ワイン・アドボケイト誌』180号で、素晴らしい評価を獲得しています! 【ロバート・パーカー氏の評価】 フランシス・エグリのシャンパンは、私が試飲した中で、 最も印象的 なひとつである。 8ヘクタールの古木の区画を有し、その大半は、拠点となるアンボネの畑である。 ワインはピュアで作為的でなく、ノン・フィルターで品種とテロワールの 個性をはっきり と際立たせている。 私はいつも、エグリ・ウーリエのワインを飲むのを楽しみにしており、 かなりオススメである。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) シャンパン好きの方が多いタカムラのお客様にとっては、すっかりお馴染みのエグリ・ウーリエ。フランスのワイン評価本『クラスマン』では、ジャック・セロスよりも一年早く… ・クリュッグ ・サロン ・ボランジェ という有名どころに肩を並べ、 最高の『3ッ星』評価 を獲得したほど! エグリ・ウーリエのシャンパンを知って、もう10年ほどになるかと思いますが、才能溢れるフランシス・エグリ氏の努力の甲斐あって、その美味しさにますます磨きが掛かり、その人気は、 世界規模で上昇 の一途を辿っています。 そして更に、今回のこの評価。またまた入手難度に拍車がかかりそうです…(汗) 『1999年』や、『ブラン・ド・ノワール』など、一年のうち、欠品している期間の方が長い希少アイテムから、根強い人気の『トラディション』、ピノの醍醐味を見せてくれる『ロゼ』まで、今なら、高い評価を得た、様々なアイテムが揃います! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エグリ ウーリエ ブリュット ロゼ グラン クリュNV 泡 ロゼ tp 高品質,本物保証

昨日飲みました! 『噂には、聞いていたが、まさかここまで、美味しいとは…。』 というのが 正直な感想 です。 香りは、スモーキーとさえ表現したくなるような、上質のブルゴーニュを彷彿とさせる若干の熟成香を感じさせ、かつ、イチゴっぽい、柔らかな含みのある香り。 味わいは、ふくよかでミネラルがありつつも、ロゼならではの酸と、ボディのバランスがシッカリとした、味わいが楽しめる、飲み応えのある一本です。 アンボネー村を拠点とする、エグリ・ウーリエが持つ赤ワインを使ってでしか出せない、ロゼの味わいが楽しめます。 鴨肉との相性も、相当良さそうです! さすが、あの ジャック・セロス がエグリ・ウーリエの赤ワインを使って、稀にしか出回らないロゼを造るというのが、納得できる逸品!! 本元のエグリ・ウーリエのロゼを、存分にお楽しみ下さい♪ ブルゴーニュTOPクラスの造り手、 ドミニク・ローラン との出会いにより、更に質を極めたと言われますが、コレを飲めば、その理由も合点が行きます。 雑誌でも驚きのコメントを… 他の生産者達から『完全主義者』と崇められ、世の中に『アンボネイにエグリ・ウーリエあり』と讃えられるのか、よく分かった。 (『ワイナート誌21号』よリ抜粋) ジャック・セロスのロゼ用赤ワインは、エグリ・ウーリエのものを使っている事は知られていますが、そうなれば、 ご想像 のように、ウーリエのロゼも、その美味しさはさすがのもの。 48ヶ月 という、長熟の末リリースされるその1本は、ただ、ロゼ色のシャンパンなのではなく、香り、味わいともに、ロゼの個性を際立たせた、 力強さも備えたロゼ です。 【ロバート・パーカー氏の評価】 The NV Brut Rose Grand Cru is a very serious wine. This intense Champagne flows onto the palate with intricate layers of small red berries、 pomegranate、 flowers and spices in a style that marries power to a decidedly pure、 pointillistic expression of fruit. This is another wine that continues to grow in the glass in an utterly captivating、 seductive style. Egly-Ouriet’s Rose is best enjoyed with food、 preferably over several hours 、 which will give readers the opportunity to experience this wine in its full splendor. The Rose is 60% Pinot Noir and 40% Chardonnay with the addition of still Pinot juice from Ambonnay that spent 48 months on its lees prior to being disgorged in July、 2008. Anticipated maturity: 2008-2011. ◆ロバート・パーカー氏評:92点 ◆飲み頃予想:2008〜2011年 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) 『食事と供に、数時間をかけて楽しむのは理想的』 と言われるそのゆえんは、本質がしっっかりしているからこそ。 ウーリエの ピノの魅力 を存分に味わえる1本です! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 『素晴らしいシャンパンです。』きなこーでぃ様 以前飲んだNVのBRUTが美味しかったので、今回はロゼを購入。 苺の香り と 細やかな泡立ち が繊細さを感じさせつつも ボディーはしっかり としていて本当に美味しかったです。 気軽に飲める値段ではないですが、 また飲みたい一本 でした。 INFORMATIONNameEgly Ouriet Grand Cru Brut Roseブドウ品種ピノ・ノワール60%/シャルドネ40%生産者名エグリ・ウーリエ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ワイン専門誌評価、最高の5ツ星! 待ちに待った造り手のシャンパンが入荷して参りましたっ!! 優れたRMとして、名の挙がる筆頭の造り手、エグリ・ウーリエです。その証拠に、ロバート・パーカー氏の『ワインバイヤーズ・ガイド』では、 なんと! 「クリュッグ」 「ボランジェ」 「アンリオ」 などの名門シャンパン・ハウスと肩を並べる 最高評価! 5つ星★★★★★ の評価を受けるほど! ワイナート誌21号でもこの秀でたシャンパン・メゾンに惜しみない賛辞 を送っています。 業界でもかなり話題です。1200以上の掲載生産者のうち、3ツ星獲得は、たった49生産者のみ。 選ばれたのは、ボルドーでは、5大シャトーや、オーゾンヌ、シュヴァル・ブランなど、そして、ブルゴーニュでは、ルフレーヴやアルマン・ルソー、ルロワ、コシュ・デュリなど、 『超』のつく、一流生産者ばかり。 シャンパンの生産者のページを見ると、昨年同様、 ボランジェ、クリュッグ、サロンが、三ツ星を獲得。 老舗メゾンに肩を並べるのが、いかに大変で、いかに凄い事か。 正直、ビックリすると同時に、ずっとオススメして来た私達としては、鳥肌が立つほど、嬉しかったです♪ 人気に比べ、生産量もさほど多くなく、 入荷がままならない事も多いのに、この先益々、入手難に拍車がかかりそうで、やや複雑ですが、それにしても、この快挙、凄いです! 彼のシャンパンは、一度飲めば、虜になる人、多数です。 皆さんも是非、深みにはまって下さい(笑) 先日、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号の高評価を得た、『ジャック・セロス』をご紹介させて頂きましたが、ジャック・セロスがシャルドネを特徴とするRM(=レコルタン・マニピュラン)の巨頭なら、ピノ・ノワールのRMの巨頭と言えば、エグリ・ウーリエに間違いありません。 そして、エグリ・ウーリエもやはり、『ワイン・アドボケイト誌』180号で、素晴らしい評価を獲得しています! 【ロバート・パーカー氏の評価】 フランシス・エグリのシャンパンは、私が試飲した中で、 最も印象的 なひとつである。 8ヘクタールの古木の区画を有し、その大半は、拠点となるアンボネの畑である。 ワインはピュアで作為的でなく、ノン・フィルターで品種とテロワールの 個性をはっきり と際立たせている。 私はいつも、エグリ・ウーリエのワインを飲むのを楽しみにしており、 かなりオススメである。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) シャンパン好きの方が多いタカムラのお客様にとっては、すっかりお馴染みのエグリ・ウーリエ。フランスのワイン評価本『クラスマン』では、ジャック・セロスよりも一年早く… ・クリュッグ ・サロン ・ボランジェ という有名どころに肩を並べ、 最高の『3ッ星』評価 を獲得したほど! エグリ・ウーリエのシャンパンを知って、もう10年ほどになるかと思いますが、才能溢れるフランシス・エグリ氏の努力の甲斐あって、その美味しさにますます磨きが掛かり、その人気は、 世界規模で上昇 の一途を辿っています。 そして更に、今回のこの評価。またまた入手難度に拍車がかかりそうです…(汗) 『1999年』や、『ブラン・ド・ノワール』など、一年のうち、欠品している期間の方が長い希少アイテムから、根強い人気の『トラディション』、ピノの醍醐味を見せてくれる『ロゼ』まで、今なら、高い評価を得た、様々なアイテムが揃います! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エグリ ウーリエNVエクストラ ブリュットV.P. 泡 白 tp J S HOT,新作

素晴らしい傑作! 60ヶ月 という、長期熟成を経て生み出される、V.P.。 ウーリエのキュベの中では、比較的新しいものですが、既にその品質の高さで、ウーリエの名を 語るに欠かせない1本 になっています。 『ワイン・アドボケイト誌』の中でも 『素晴らしい傑作』 と称された味わい、お楽しみ下さい! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 『シャンパン好きには、たまらない』ぎんじ7070様 美味しい‼︎ 濃厚な味 で 和食にも 合います。 追加であと3本購入する予定です! シャンパン好きには、たまらない と思います。 『是非オススメ』購入者様 シャンパン好きですが 絶対オススメ です。 近頃値段がだんだん上がってきたのが残念ですけど。 やはり美味しいものは 人気がでてそれなりの値段に なってしまうものですね。 安いうちに何本か購入しておけばと後悔^^; INFORMATIONNameEgly Ouriet NV Extra Brut V.P.ブドウ品種ピノ・ノワール60%/シャルドネ40%生産者名エグリ・ウーリエ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA92/Issue 30th Jun 2016WS89/Issue Dec 15, 2008※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4993199042172 ワイン専門誌評価、最高の5ツ星! 待ちに待った造り手のシャンパンが入荷して参りましたっ!! 優れたRMとして、名の挙がる筆頭の造り手、エグリ・ウーリエです。その証拠に、ロバート・パーカー氏の『ワインバイヤーズ・ガイド』では、 なんと! 「クリュッグ」 「ボランジェ」 「アンリオ」 などの名門シャンパン・ハウスと肩を並べる 最高評価! 5つ星★★★★★ の評価を受けるほど! ワイナート誌21号でもこの秀でたシャンパン・メゾンに惜しみない賛辞 を送っています。 業界でもかなり話題です。1200以上の掲載生産者のうち、3ツ星獲得は、たった49生産者のみ。 選ばれたのは、ボルドーでは、5大シャトーや、オーゾンヌ、シュヴァル・ブランなど、そして、ブルゴーニュでは、ルフレーヴやアルマン・ルソー、ルロワ、コシュ・デュリなど、 『超』のつく、一流生産者ばかり。 シャンパンの生産者のページを見ると、昨年同様、 ボランジェ、クリュッグ、サロンが、三ツ星を獲得。 老舗メゾンに肩を並べるのが、いかに大変で、いかに凄い事か。 正直、ビックリすると同時に、ずっとオススメして来た私達としては、鳥肌が立つほど、嬉しかったです♪ 人気に比べ、生産量もさほど多くなく、 入荷がままならない事も多いのに、この先益々、入手難に拍車がかかりそうで、やや複雑ですが、それにしても、この快挙、凄いです! 彼のシャンパンは、一度飲めば、虜になる人、多数です。 皆さんも是非、深みにはまって下さい(笑) 先日、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号の高評価を得た、『ジャック・セロス』をご紹介させて頂きましたが、ジャック・セロスがシャルドネを特徴とするRM(=レコルタン・マニピュラン)の巨頭なら、ピノ・ノワールのRMの巨頭と言えば、エグリ・ウーリエに間違いありません。 そして、エグリ・ウーリエもやはり、『ワイン・アドボケイト誌』180号で、素晴らしい評価を獲得しています! 【ロバート・パーカー氏の評価】 フランシス・エグリのシャンパンは、私が試飲した中で、 最も印象的 なひとつである。 8ヘクタールの古木の区画を有し、その大半は、拠点となるアンボネの畑である。 ワインはピュアで作為的でなく、ノン・フィルターで品種とテロワールの 個性をはっきり と際立たせている。 私はいつも、エグリ・ウーリエのワインを飲むのを楽しみにしており、 かなりオススメである。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) シャンパン好きの方が多いタカムラのお客様にとっては、すっかりお馴染みのエグリ・ウーリエ。フランスのワイン評価本『クラスマン』では、ジャック・セロスよりも一年早く… ・クリュッグ ・サロン ・ボランジェ という有名どころに肩を並べ、 最高の『3ッ星』評価 を獲得したほど! エグリ・ウーリエのシャンパンを知って、もう10年ほどになるかと思いますが、才能溢れるフランシス・エグリ氏の努力の甲斐あって、その美味しさにますます磨きが掛かり、その人気は、 世界規模で上昇 の一途を辿っています。 そして更に、今回のこの評価。またまた入手難度に拍車がかかりそうです…(汗) 『1999年』や、『ブラン・ド・ノワール』など、一年のうち、欠品している期間の方が長い希少アイテムから、根強い人気の『トラディション』、ピノの醍醐味を見せてくれる『ロゼ』まで、今なら、高い評価を得た、様々なアイテムが揃います! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エグリ ウーリエNVエクストラ ブリュットV.P. 泡 白 tp J S 品質保証,100%新品

素晴らしい傑作! 60ヶ月 という、長期熟成を経て生み出される、V.P.。 ウーリエのキュベの中では、比較的新しいものですが、既にその品質の高さで、ウーリエの名を 語るに欠かせない1本 になっています。 『ワイン・アドボケイト誌』の中でも 『素晴らしい傑作』 と称された味わい、お楽しみ下さい! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 『シャンパン好きには、たまらない』ぎんじ7070様 美味しい‼︎ 濃厚な味 で 和食にも 合います。 追加であと3本購入する予定です! シャンパン好きには、たまらない と思います。 『是非オススメ』購入者様 シャンパン好きですが 絶対オススメ です。 近頃値段がだんだん上がってきたのが残念ですけど。 やはり美味しいものは 人気がでてそれなりの値段に なってしまうものですね。 安いうちに何本か購入しておけばと後悔^^; INFORMATIONNameEgly Ouriet NV Extra Brut V.P.ブドウ品種ピノ・ノワール60%/シャルドネ40%生産者名エグリ・ウーリエ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA92/Issue 30th Jun 2016WS89/Issue Dec 15, 2008※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4993199042172 ワイン専門誌評価、最高の5ツ星! 待ちに待った造り手のシャンパンが入荷して参りましたっ!! 優れたRMとして、名の挙がる筆頭の造り手、エグリ・ウーリエです。その証拠に、ロバート・パーカー氏の『ワインバイヤーズ・ガイド』では、 なんと! 「クリュッグ」 「ボランジェ」 「アンリオ」 などの名門シャンパン・ハウスと肩を並べる 最高評価! 5つ星★★★★★ の評価を受けるほど! ワイナート誌21号でもこの秀でたシャンパン・メゾンに惜しみない賛辞 を送っています。 業界でもかなり話題です。1200以上の掲載生産者のうち、3ツ星獲得は、たった49生産者のみ。 選ばれたのは、ボルドーでは、5大シャトーや、オーゾンヌ、シュヴァル・ブランなど、そして、ブルゴーニュでは、ルフレーヴやアルマン・ルソー、ルロワ、コシュ・デュリなど、 『超』のつく、一流生産者ばかり。 シャンパンの生産者のページを見ると、昨年同様、 ボランジェ、クリュッグ、サロンが、三ツ星を獲得。 老舗メゾンに肩を並べるのが、いかに大変で、いかに凄い事か。 正直、ビックリすると同時に、ずっとオススメして来た私達としては、鳥肌が立つほど、嬉しかったです♪ 人気に比べ、生産量もさほど多くなく、 入荷がままならない事も多いのに、この先益々、入手難に拍車がかかりそうで、やや複雑ですが、それにしても、この快挙、凄いです! 彼のシャンパンは、一度飲めば、虜になる人、多数です。 皆さんも是非、深みにはまって下さい(笑) 先日、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号の高評価を得た、『ジャック・セロス』をご紹介させて頂きましたが、ジャック・セロスがシャルドネを特徴とするRM(=レコルタン・マニピュラン)の巨頭なら、ピノ・ノワールのRMの巨頭と言えば、エグリ・ウーリエに間違いありません。 そして、エグリ・ウーリエもやはり、『ワイン・アドボケイト誌』180号で、素晴らしい評価を獲得しています! 【ロバート・パーカー氏の評価】 フランシス・エグリのシャンパンは、私が試飲した中で、 最も印象的 なひとつである。 8ヘクタールの古木の区画を有し、その大半は、拠点となるアンボネの畑である。 ワインはピュアで作為的でなく、ノン・フィルターで品種とテロワールの 個性をはっきり と際立たせている。 私はいつも、エグリ・ウーリエのワインを飲むのを楽しみにしており、 かなりオススメである。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) シャンパン好きの方が多いタカムラのお客様にとっては、すっかりお馴染みのエグリ・ウーリエ。フランスのワイン評価本『クラスマン』では、ジャック・セロスよりも一年早く… ・クリュッグ ・サロン ・ボランジェ という有名どころに肩を並べ、 最高の『3ッ星』評価 を獲得したほど! エグリ・ウーリエのシャンパンを知って、もう10年ほどになるかと思いますが、才能溢れるフランシス・エグリ氏の努力の甲斐あって、その美味しさにますます磨きが掛かり、その人気は、 世界規模で上昇 の一途を辿っています。 そして更に、今回のこの評価。またまた入手難度に拍車がかかりそうです…(汗) 『1999年』や、『ブラン・ド・ノワール』など、一年のうち、欠品している期間の方が長い希少アイテムから、根強い人気の『トラディション』、ピノの醍醐味を見せてくれる『ロゼ』まで、今なら、高い評価を得た、様々なアイテムが揃います! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

エグリ ウーリエNVエクストラ ブリュットV.P. 泡 白 tp J S 超激得,人気

素晴らしい傑作! 60ヶ月 という、長期熟成を経て生み出される、V.P.。 ウーリエのキュベの中では、比較的新しいものですが、既にその品質の高さで、ウーリエの名を 語るに欠かせない1本 になっています。 『ワイン・アドボケイト誌』の中でも 『素晴らしい傑作』 と称された味わい、お楽しみ下さい! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 『シャンパン好きには、たまらない』ぎんじ7070様 美味しい‼︎ 濃厚な味 で 和食にも 合います。 追加であと3本購入する予定です! シャンパン好きには、たまらない と思います。 『是非オススメ』購入者様 シャンパン好きですが 絶対オススメ です。 近頃値段がだんだん上がってきたのが残念ですけど。 やはり美味しいものは 人気がでてそれなりの値段に なってしまうものですね。 安いうちに何本か購入しておけばと後悔^^; INFORMATIONNameEgly Ouriet NV Extra Brut V.P.ブドウ品種ピノ・ノワール60%/シャルドネ40%生産者名エグリ・ウーリエ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA92/Issue 30th Jun 2016WS89/Issue Dec 15, 2008※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4993199042172 ワイン専門誌評価、最高の5ツ星! 待ちに待った造り手のシャンパンが入荷して参りましたっ!! 優れたRMとして、名の挙がる筆頭の造り手、エグリ・ウーリエです。その証拠に、ロバート・パーカー氏の『ワインバイヤーズ・ガイド』では、 なんと! 「クリュッグ」 「ボランジェ」 「アンリオ」 などの名門シャンパン・ハウスと肩を並べる 最高評価! 5つ星★★★★★ の評価を受けるほど! ワイナート誌21号でもこの秀でたシャンパン・メゾンに惜しみない賛辞 を送っています。 業界でもかなり話題です。1200以上の掲載生産者のうち、3ツ星獲得は、たった49生産者のみ。 選ばれたのは、ボルドーでは、5大シャトーや、オーゾンヌ、シュヴァル・ブランなど、そして、ブルゴーニュでは、ルフレーヴやアルマン・ルソー、ルロワ、コシュ・デュリなど、 『超』のつく、一流生産者ばかり。 シャンパンの生産者のページを見ると、昨年同様、 ボランジェ、クリュッグ、サロンが、三ツ星を獲得。 老舗メゾンに肩を並べるのが、いかに大変で、いかに凄い事か。 正直、ビックリすると同時に、ずっとオススメして来た私達としては、鳥肌が立つほど、嬉しかったです♪ 人気に比べ、生産量もさほど多くなく、 入荷がままならない事も多いのに、この先益々、入手難に拍車がかかりそうで、やや複雑ですが、それにしても、この快挙、凄いです! 彼のシャンパンは、一度飲めば、虜になる人、多数です。 皆さんも是非、深みにはまって下さい(笑) 先日、 ロバート・パーカー氏 が主宰する『ワイン・アドボケイト誌』180号の高評価を得た、『ジャック・セロス』をご紹介させて頂きましたが、ジャック・セロスがシャルドネを特徴とするRM(=レコルタン・マニピュラン)の巨頭なら、ピノ・ノワールのRMの巨頭と言えば、エグリ・ウーリエに間違いありません。 そして、エグリ・ウーリエもやはり、『ワイン・アドボケイト誌』180号で、素晴らしい評価を獲得しています! 【ロバート・パーカー氏の評価】 フランシス・エグリのシャンパンは、私が試飲した中で、 最も印象的 なひとつである。 8ヘクタールの古木の区画を有し、その大半は、拠点となるアンボネの畑である。 ワインはピュアで作為的でなく、ノン・フィルターで品種とテロワールの 個性をはっきり と際立たせている。 私はいつも、エグリ・ウーリエのワインを飲むのを楽しみにしており、 かなりオススメである。 (『ワイン・アドボケイト180号』より抜粋) シャンパン好きの方が多いタカムラのお客様にとっては、すっかりお馴染みのエグリ・ウーリエ。フランスのワイン評価本『クラスマン』では、ジャック・セロスよりも一年早く… ・クリュッグ ・サロン ・ボランジェ という有名どころに肩を並べ、 最高の『3ッ星』評価 を獲得したほど! エグリ・ウーリエのシャンパンを知って、もう10年ほどになるかと思いますが、才能溢れるフランシス・エグリ氏の努力の甲斐あって、その美味しさにますます磨きが掛かり、その人気は、 世界規模で上昇 の一途を辿っています。 そして更に、今回のこの評価。またまた入手難度に拍車がかかりそうです…(汗) 『1999年』や、『ブラン・ド・ノワール』など、一年のうち、欠品している期間の方が長い希少アイテムから、根強い人気の『トラディション』、ピノの醍醐味を見せてくれる『ロゼ』まで、今なら、高い評価を得た、様々なアイテムが揃います! 【ご注意下さい】 デゴルジュマンの時期、瓶詰めやブドウの年代などは掲載商品と異なる場合があります。ご了承下さい。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り クリュッグ クロ デュ メニル 2002 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 tp 新作登場,新作

98点! 通称《クロメニ(=クロ・ド・メニル)》です。 いろんなご意見があると思いますが、間違いなく、 シャンパーニュ最高峰 の存在の1つです。 しかも、素晴らしいヴィンテージと言われる2002年。 なんと、 98点 を獲得! まさに、 クリュッグ渾身の1本 です!! 出回る数も少ないので、見かけた時に買っておくのが吉♪ INFORMATIONNamekrug clos du mesnilブドウ品種生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS98/Issue Nov 30, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロメニ あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り クリュッグ クロ デュ メニル 2002 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 tp 最安値,本物保証

98点! 通称《クロメニ(=クロ・ド・メニル)》です。 いろんなご意見があると思いますが、間違いなく、 シャンパーニュ最高峰 の存在の1つです。 しかも、素晴らしいヴィンテージと言われる2002年。 なんと、 98点 を獲得! まさに、 クリュッグ渾身の1本 です!! 出回る数も少ないので、見かけた時に買っておくのが吉♪ INFORMATIONNamekrug clos du mesnilブドウ品種生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS98/Issue Nov 30, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロメニ あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り クリュッグ クロ デュ メニル 2002 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 tp 正規品,得価

98点! 通称《クロメニ(=クロ・ド・メニル)》です。 いろんなご意見があると思いますが、間違いなく、 シャンパーニュ最高峰 の存在の1つです。 しかも、素晴らしいヴィンテージと言われる2002年。 なんと、 98点 を獲得! まさに、 クリュッグ渾身の1本 です!! 出回る数も少ないので、見かけた時に買っておくのが吉♪ INFORMATIONNamekrug clos du mesnilブドウ品種生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS98/Issue Nov 30, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロメニ あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り クリュッグ ヴィンテージ 2004 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 お得,安い

■『ワイン アドヴォケイト237号』より抜粋■ From a fresh vintage and internally nicknamed 'Luminous Freshness,' Krug's light golden colored 2004 Brut is brighter on the nose than the 2002 that I tasted next to it. There are fresh, candied citrus as well as ripe yellow-fleshed fruit aromas along with floral and lots of chalky notes on the well-concentrated bouquet. The palate is incredibly fruity , vibrantly fresh yet delicate and very well balanced and is provided with great elegance, texture, finesse and remarkable mineral tension . The 2004?a blend of Chardonnay (39%), Pinot Noir (37%) and Pinot Meunier (24%)?is completely built on freshness and taut yet balanced vitality . It is the last of the second trilogy in the history of the House, the first being 1988, 1989 and 1990 and the second 2002, 2003 and 2004. Tasted in April 2018 from ID 316034 that was disgorged in III/2016. ◆パーカーポイント:96+点 ◆飲み頃:2018〜2034年 INFORMATIONNameKrug Vintageブドウ品種シャルドネ39%/ピノ ノワール37%/ピノ ムニエ24%生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュRegionFrance/Champagne内容量750mlWA96+/Issue 30th Jun 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り クリュッグ ヴィンテージ 2004 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 安い,爆買い

■『ワイン アドヴォケイト237号』より抜粋■ From a fresh vintage and internally nicknamed 'Luminous Freshness,' Krug's light golden colored 2004 Brut is brighter on the nose than the 2002 that I tasted next to it. There are fresh, candied citrus as well as ripe yellow-fleshed fruit aromas along with floral and lots of chalky notes on the well-concentrated bouquet. The palate is incredibly fruity , vibrantly fresh yet delicate and very well balanced and is provided with great elegance, texture, finesse and remarkable mineral tension . The 2004?a blend of Chardonnay (39%), Pinot Noir (37%) and Pinot Meunier (24%)?is completely built on freshness and taut yet balanced vitality . It is the last of the second trilogy in the history of the House, the first being 1988, 1989 and 1990 and the second 2002, 2003 and 2004. Tasted in April 2018 from ID 316034 that was disgorged in III/2016. ◆パーカーポイント:96+点 ◆飲み頃:2018〜2034年 INFORMATIONNameKrug Vintageブドウ品種シャルドネ39%/ピノ ノワール37%/ピノ ムニエ24%生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュRegionFrance/Champagne内容量750mlWA96+/Issue 30th Jun 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り クリュッグ ヴィンテージ 2004 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 正規品,人気SALE

■『ワイン アドヴォケイト237号』より抜粋■ From a fresh vintage and internally nicknamed 'Luminous Freshness,' Krug's light golden colored 2004 Brut is brighter on the nose than the 2002 that I tasted next to it. There are fresh, candied citrus as well as ripe yellow-fleshed fruit aromas along with floral and lots of chalky notes on the well-concentrated bouquet. The palate is incredibly fruity , vibrantly fresh yet delicate and very well balanced and is provided with great elegance, texture, finesse and remarkable mineral tension . The 2004?a blend of Chardonnay (39%), Pinot Noir (37%) and Pinot Meunier (24%)?is completely built on freshness and taut yet balanced vitality . It is the last of the second trilogy in the history of the House, the first being 1988, 1989 and 1990 and the second 2002, 2003 and 2004. Tasted in April 2018 from ID 316034 that was disgorged in III/2016. ◆パーカーポイント:96+点 ◆飲み頃:2018〜2034年 INFORMATIONNameKrug Vintageブドウ品種シャルドネ39%/ピノ ノワール37%/ピノ ムニエ24%生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュRegionFrance/Champagne内容量750mlWA96+/Issue 30th Jun 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り コレクション 1990 クリュッグ 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 S お買い得,低価

世界中のクリュッグ愛好家が! 世に『クリュッグ好き♪』を公言するシャンパン好きは多いけど、 コレクション・シリーズ を口にしたことのある人は、少ないのではないでしょうか。 なんと言っても、 世界中のクリュッグ愛好家 が、そのリリースを待ち望んでますからね♪ この1990年に関しては、 既に25年以上の熟成 を経ていますが、 驚くべき若さと活力 を湛えています。 滅多に手に入らない逸品なので、シャンパン愛好家は、在庫のあるうちに是非お買い求め下さい! INFORMATIONNameKrug Collectionブドウ品種生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュRegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り コレクション 1990 クリュッグ 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 S 大得価,新作登場

世界中のクリュッグ愛好家が! 世に『クリュッグ好き♪』を公言するシャンパン好きは多いけど、 コレクション・シリーズ を口にしたことのある人は、少ないのではないでしょうか。 なんと言っても、 世界中のクリュッグ愛好家 が、そのリリースを待ち望んでますからね♪ この1990年に関しては、 既に25年以上の熟成 を経ていますが、 驚くべき若さと活力 を湛えています。 滅多に手に入らない逸品なので、シャンパン愛好家は、在庫のあるうちに是非お買い求め下さい! INFORMATIONNameKrug Collectionブドウ品種生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュRegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り コレクション 1990 クリュッグ 泡 白 ワイン =750ml 4本と同梱可 S 最新作,大人気

世界中のクリュッグ愛好家が! 世に『クリュッグ好き♪』を公言するシャンパン好きは多いけど、 コレクション・シリーズ を口にしたことのある人は、少ないのではないでしょうか。 なんと言っても、 世界中のクリュッグ愛好家 が、そのリリースを待ち望んでますからね♪ この1990年に関しては、 既に25年以上の熟成 を経ていますが、 驚くべき若さと活力 を湛えています。 滅多に手に入らない逸品なので、シャンパン愛好家は、在庫のあるうちに是非お買い求め下さい! INFORMATIONNameKrug Collectionブドウ品種生産者名クリュッグ産地フランス/シャンパーニュRegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あなたも、シャンパンの魅惑の 扉を開けるのか… 覚悟して下さい! 『クリュギスト』 クリュッグを愛してやまない方達の事をこう呼びます。それ程、クリュッグは、シャンパンの中でも 別格 とされるシャンパン・メゾンの一つです。 クリュッグを初めて飲んだ時、実はかなりイメージが膨らんでいました。 『別格でしょ。』 『一番好きなシャンパン。』 などなど、周りから先入観が植え付けられていたのです。 こう言う時は、たいてい 『こんなもんか…。』 となるのがオチ。 なのにっ! 始めてクリュッグを飲んだ時、 期待の大きさに負けない素晴らしさ に… 『そうか〜。そりゃ、病み付きになっちゃうよな。』 と、シミジミ実感しました(笑) で、ですが、本来の浮気性な性格(負け惜しみ?)と、財政難の為(こっちがホント?)、 『シャンパンと言えば、クリュッグ!』 とは言えません(;^^) ですが、特別に気持ちの入る一本である事は確かです。 『クリュッグ飲ませてあげる。』 と言われたら、何でも言うこと聞いちゃうかもしれません(笑) クリュッグが、 世界中で特別扱い されているのは、生産量の少なさだけが理由ではありません。 【ロールス・ロイスか?ただの車か?】 クリュッグは何故そんなに特別とされているのか? (1)1860年代、ジョセフとポール・クリュッグと言う、ワイン造りを仕事とする2人の親子が、数十年間共に働き、このメゾンのスタイルを、築き、発展させていった。 (2)価格をある程度高く保つ事で、 妥協の無いシャンパン造り をしている。 (3)全てのワインはオークの 小樽で熟成 。 (4)第一次発酵は短期間で行い、マロラクティック発酵は無。逆に、第2次発酵は時間をかけてゆっくり行われる。(こうした事で、素晴らしいキレ、深み、コクのある香りなどなど…、クリュッグを語る時に欠かせないキャラクターが生まれる。そのバランスは、力強いだけでなく、フィネス、エレガント、パワー。あらゆる要素を感じずにはいれません。) (5)このメゾンにとっては、スタンダード・クラスにあたる、グラン・キュベですら、35〜50%は、15年、もしくはそれ以上の熟成したワイン使用。そのワインは、6〜10のヴィンテージをブレンドして使用し、複雑で奥行きのある味わいにしている。 (6)これほど高品質な為、長熟が可能。グラン・キュベですら、5〜7年間、イーストと共に熟成させた後、出荷される。 クリュッグは実在するシャンパンの中で、 最も高価 であり、 生産量の少なさ 故、 最も消費量の少ないシャンパン と言える。 故に、その評判は実際の物と言うより、もっと 伝説的 なものとして語られる。 そうした事から、ワイン取引の中心にいるものでさえ、様々な感情を持ってしまい、やっかみ、批判の対象になりやすい。 だが、こう言った批判は、クリュッグを飲んだ事の無い人がする事だ。 その一方、クリュッグを崇拝する愛飲者達は 『クリュッグ以外のシャンパンは飲まない。』 事を、喜びとしている。 批判者達と崇拝者達。 この対照的な両者は、まるで、盲目の2人が紫色と藤色の違いに付いて論議しているようなものである。 以前、私は『クリュグ自身が、 クリュギスト になりすぎている。』と、批判した。 クリュッグが、『グラン・キュベ』を、『ベーシックなノン・ヴィンテージシャンパン』と呼ばず、『プレステージ・キュベ』と呼んでいる点を指摘したのだ。 それに対するレミー・クリュッグの答えはこうだった。 『グラン・キュベを只のノン・ヴィンテージ・シャンパンと呼ぶなら、 ロールス・ロイスは只の車 と言う事であり、 法王は只の牧師 と呼ぶのと同じ事です。』 彼の例えは、的確だった。 ロールス・ロイスの名は、ブランドとして確立された物であり、例えベーシック・モデルでもそれは変わらない。 そして、法王は、明らかに只の牧師ではなく、牧師の最高峰であり、彼らの頂点なのだ。 こう言ったやり取りの後、ワイン・メーカーのアンリ・クリュッグが語った話。 『クリュッグは、通常、他のシャンパン・メゾンとは逆の手順を取っています。まず、グラン・キュベとなる為のブレンドが行われ、その他のキュベを、その年、生産するかどうかは、その後、決めるのです。』 と言うのだ。 通常、他のメゾンは、まず、ヴィンテージ・シャンパン、プレステージ・シャンパンとなるものを先に選ぶのに。 この事からも、確かにクリュッグは、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンは造っていないと言える。 グラン・キュベが、只のノン・ヴィンテージ・シャンパンか否かはさて置きプレステージ・キュベである事は確かだと言える。 実際、価格もプレステージのランクに入り、プレステージ・キュベ全体の価格の水準は、グラン・キュベと、ドン・ペリニョンが基準とされている。 まして、その他のノン・ヴィンテージ・シャンパンと、グラン・キュベを比較するには、価格が約3倍程なのも合わせ、あまりにもノン・ヴィンテージシャンパンの分が悪すぎる。 もし、全てのシャンパン・メゾンがクリュッグのやり方をまねしてしまうとエリート集団の集まりとなってしまい、ワイン好きにとって、何の意味もなさない物になってしまう。だが、各ワイン産地ごとに、クリュッグのような造り手が存在するべきであるとは思う。 (トム・スティーブンソン氏著『シャンパーニュ』クリュッグの項目より抜粋) これだけ自信を持って言い切れるのは、クリュッグが、 常に最高の物を造る為の努力 を怠っていないからなのでしょう。実際、その品質は常に素晴らしく、その名前は、やはり、特別な響きを持つに相応しいものです。 ※比類なきものを造り続ける努力が、クリュッグをクリュッグとしているのです。 古代ローマ人から伝わる『3つの角度』!

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り 並行品 ヴーヴ クリコ ポンサルダン ブリュットNV イエロー ラベル 泡 白 J tp 定番人気,格安

ラッピングご希望の場合は、コチラからご注文下さい(有料) ■箱止めのシールについて■ シールの強度が弱い為、移動時など、何らかの要因で切れている事がございます。 予めご了承の上お買い求め下さい。 箱入りで、衝撃価格! 贈り物にも最適! 2009年4月、 ミラノデザインウィーク のヴーヴ・クリコのギャラリーで発表され、注目を集めた、ヴーヴ・クリコの新ギフトBOXが遂に登場! スライド開閉式で、左側面の六角形の星型のホール(穴)をワンプッシュすると、箱が横にスライドし、ボトルが現れます。 全面に大きくあしらった マダム・クリコの署名 は、18世紀に、マダム・クリコ自身が、ヴーヴ・クリコの1本1本の 品質の証 として、 自らサイン をしていたというエピソードに因むものだとか。 贈り物にも最適 な、スタイリッシュ&ラグジュアリーな新ギフトBOXは、こんな 素敵なエピソード が盛り込まれています♪ イベントも増える、このシーズン。毎回 『手土産、どうしよう…』 と、悩んでませんか? そんな時、 センス良く 、かつ、 見栄え もする 『王道』 のものを、自分の中で持っているかどうかは、とっても大事。 でも… もう迷う事はありません! あの、パッケージもお洒落で、 絶大な人気 を誇る、ヴーヴ・クリコの、新ギフト・ボックスが入荷です!! しかも、コレからのシーズンを、皆様に満喫して頂きたいから、価格も、 更にお安くご用意しました♪ この箱、持っているだけで、その人までお洒落に見えてしまうから、まるで『クリコ・マジック』です(笑) 勿論、中身の品質もお墨付きなのは、皆様、ご存じのとおり。 なんと言っても… 《ルイ・ヴィトン》と同じグループだけあって、洗練度が違います! これからの季節、手土産やプレゼント用に、数本ストックしておけば… 『あっ、どうしよう…(汗)』 なんて慌てて、無駄な時間を使う事もなく、イベントを満喫出来るはず。 男女問わず、人気の高いのも嬉しいところ♪ 大活躍をお約束! ヴーヴ・クリコ箱付き新ヴァージョン、更にお得に、登場です♪ INFORMATIONNameVeuve Clicquot Ponsardin NV Brutブドウ品種ピノ・ノワール/ピノ・ムニエ/シャルドネ生産者名ヴーヴ・クリコ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ヴーヴクリコ 4939714000128 【横スライド】3049614083891 【上蓋】3049614150913

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

オリジナル箱入り 並行品 ヴーヴ クリコ ポンサルダン ブリュットNV イエロー ラベル 泡 白 J tp 最安値,限定セール

ラッピングご希望の場合は、コチラからご注文下さい(有料) ■箱止めのシールについて■ シールの強度が弱い為、移動時など、何らかの要因で切れている事がございます。 予めご了承の上お買い求め下さい。 箱入りで、衝撃価格! 贈り物にも最適! 2009年4月、 ミラノデザインウィーク のヴーヴ・クリコのギャラリーで発表され、注目を集めた、ヴーヴ・クリコの新ギフトBOXが遂に登場! スライド開閉式で、左側面の六角形の星型のホール(穴)をワンプッシュすると、箱が横にスライドし、ボトルが現れます。 全面に大きくあしらった マダム・クリコの署名 は、18世紀に、マダム・クリコ自身が、ヴーヴ・クリコの1本1本の 品質の証 として、 自らサイン をしていたというエピソードに因むものだとか。 贈り物にも最適 な、スタイリッシュ&ラグジュアリーな新ギフトBOXは、こんな 素敵なエピソード が盛り込まれています♪ イベントも増える、このシーズン。毎回 『手土産、どうしよう…』 と、悩んでませんか? そんな時、 センス良く 、かつ、 見栄え もする 『王道』 のものを、自分の中で持っているかどうかは、とっても大事。 でも… もう迷う事はありません! あの、パッケージもお洒落で、 絶大な人気 を誇る、ヴーヴ・クリコの、新ギフト・ボックスが入荷です!! しかも、コレからのシーズンを、皆様に満喫して頂きたいから、価格も、 更にお安くご用意しました♪ この箱、持っているだけで、その人までお洒落に見えてしまうから、まるで『クリコ・マジック』です(笑) 勿論、中身の品質もお墨付きなのは、皆様、ご存じのとおり。 なんと言っても… 《ルイ・ヴィトン》と同じグループだけあって、洗練度が違います! これからの季節、手土産やプレゼント用に、数本ストックしておけば… 『あっ、どうしよう…(汗)』 なんて慌てて、無駄な時間を使う事もなく、イベントを満喫出来るはず。 男女問わず、人気の高いのも嬉しいところ♪ 大活躍をお約束! ヴーヴ・クリコ箱付き新ヴァージョン、更にお得に、登場です♪ INFORMATIONNameVeuve Clicquot Ponsardin NV Brutブドウ品種ピノ・ノワール/ピノ・ムニエ/シャルドネ生産者名ヴーヴ・クリコ産地フランス/シャンパーニュ(シャンパン)RegionFrance/Champagne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ヴーヴクリコ 4939714000128 【横スライド】3049614083891 【上蓋】3049614150913

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

キュベ ガブリエル グラン クリュ 2008 ゴセ ブラバン 泡 白 S HOT,限定SALE

INFORMATIONNameCuvee Gabriel Brut Grand Cru Ay Gosset Brabantブドウ品種ピノ・ノワール/シャルドネ生産者名ゴセ ブラバン産地フランス/シャンパーニュ/アイRegionFrance/Champagne/Ay内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 見慣れないラベルの、とあるシャンパンをテイスティングした際に、 『コレ、美味しい!』と、一目惚れ♪ よくよくラベルを見ると、『ゴセ・ブラバン』だったのです! 新ラベルがお目見えしたばかりで、ゴセ・ブラバンと気付かなかったのでした(;^^) 『え…ゴセ・ブラバンって、こんなに美味しかったの?』 果実とボディの豊かさ、そして全体に漂うエレガンス…絶妙なバランスに驚きました! 当日出品されていた、ブリュット、キュベ・ド・レゼルヴ、ロゼ3本を全て試飲し、1本ごとにその驚きは増すばかり!! 3本のコメントの横に、しっかり『○』を付けていました(笑) この日から、ゴセ・ブラバンへ、気持ちが、グ〜ッと傾いたのです。試飲会のあと、まもなく… ◇『BRUTUS誌』『プレステージ・シャンパン80本完全ブラインド試飲』で三ツ星獲得!(2007年11月15日号) ◇『ワイナート誌42号』『レコルタン・マニピュランのシャンパン104本のテイスティング』のピノ・ノワール主体のカテゴリーで、ウーリエと並び、同点一位! ※いずれも、キュベ・ガブリエル1998年の評価です。 と、ゴセ・ブラバンの凄さを目の当たりに! シャンパンの権威で20年以上のキャリアを持つ、マイケル・エドワーズ氏の 著書『極上のシャンパーニュ』で、大絶賛! そんな、数々の絶賛を受ける、ゴセ・ブラバンは、現在3代目となる、ミッシェルとクリスチャン・ゴセの兄弟が営んでいます。 アイ村をはじめ、優れた区画を所有。三代目となる、クリスチャンとミッシェルの兄弟で営むこの造り手の 自らの信じた道を歩んだ結果、彼らのシャンパンは、これほどの絶賛を受け、 ボランジェやアンリ・ジローなど、有名メゾンと肩を並べ

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

キュベ ガブリエル グラン クリュ 2008 ゴセ ブラバン 泡 白 S 得価,SALE

INFORMATIONNameCuvee Gabriel Brut Grand Cru Ay Gosset Brabantブドウ品種ピノ・ノワール/シャルドネ生産者名ゴセ ブラバン産地フランス/シャンパーニュ/アイRegionFrance/Champagne/Ay内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 見慣れないラベルの、とあるシャンパンをテイスティングした際に、 『コレ、美味しい!』と、一目惚れ♪ よくよくラベルを見ると、『ゴセ・ブラバン』だったのです! 新ラベルがお目見えしたばかりで、ゴセ・ブラバンと気付かなかったのでした(;^^) 『え…ゴセ・ブラバンって、こんなに美味しかったの?』 果実とボディの豊かさ、そして全体に漂うエレガンス…絶妙なバランスに驚きました! 当日出品されていた、ブリュット、キュベ・ド・レゼルヴ、ロゼ3本を全て試飲し、1本ごとにその驚きは増すばかり!! 3本のコメントの横に、しっかり『○』を付けていました(笑) この日から、ゴセ・ブラバンへ、気持ちが、グ〜ッと傾いたのです。試飲会のあと、まもなく… ◇『BRUTUS誌』『プレステージ・シャンパン80本完全ブラインド試飲』で三ツ星獲得!(2007年11月15日号) ◇『ワイナート誌42号』『レコルタン・マニピュランのシャンパン104本のテイスティング』のピノ・ノワール主体のカテゴリーで、ウーリエと並び、同点一位! ※いずれも、キュベ・ガブリエル1998年の評価です。 と、ゴセ・ブラバンの凄さを目の当たりに! シャンパンの権威で20年以上のキャリアを持つ、マイケル・エドワーズ氏の 著書『極上のシャンパーニュ』で、大絶賛! そんな、数々の絶賛を受ける、ゴセ・ブラバンは、現在3代目となる、ミッシェルとクリスチャン・ゴセの兄弟が営んでいます。 アイ村をはじめ、優れた区画を所有。三代目となる、クリスチャンとミッシェルの兄弟で営むこの造り手の 自らの信じた道を歩んだ結果、彼らのシャンパンは、これほどの絶賛を受け、 ボランジェやアンリ・ジローなど、有名メゾンと肩を並べ

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

キュベ ガブリエル グラン クリュ 2008 ゴセ ブラバン 泡 白 S 豊富な,定番

INFORMATIONNameCuvee Gabriel Brut Grand Cru Ay Gosset Brabantブドウ品種ピノ・ノワール/シャルドネ生産者名ゴセ ブラバン産地フランス/シャンパーニュ/アイRegionFrance/Champagne/Ay内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 見慣れないラベルの、とあるシャンパンをテイスティングした際に、 『コレ、美味しい!』と、一目惚れ♪ よくよくラベルを見ると、『ゴセ・ブラバン』だったのです! 新ラベルがお目見えしたばかりで、ゴセ・ブラバンと気付かなかったのでした(;^^) 『え…ゴセ・ブラバンって、こんなに美味しかったの?』 果実とボディの豊かさ、そして全体に漂うエレガンス…絶妙なバランスに驚きました! 当日出品されていた、ブリュット、キュベ・ド・レゼルヴ、ロゼ3本を全て試飲し、1本ごとにその驚きは増すばかり!! 3本のコメントの横に、しっかり『○』を付けていました(笑) この日から、ゴセ・ブラバンへ、気持ちが、グ〜ッと傾いたのです。試飲会のあと、まもなく… ◇『BRUTUS誌』『プレステージ・シャンパン80本完全ブラインド試飲』で三ツ星獲得!(2007年11月15日号) ◇『ワイナート誌42号』『レコルタン・マニピュランのシャンパン104本のテイスティング』のピノ・ノワール主体のカテゴリーで、ウーリエと並び、同点一位! ※いずれも、キュベ・ガブリエル1998年の評価です。 と、ゴセ・ブラバンの凄さを目の当たりに! シャンパンの権威で20年以上のキャリアを持つ、マイケル・エドワーズ氏の 著書『極上のシャンパーニュ』で、大絶賛! そんな、数々の絶賛を受ける、ゴセ・ブラバンは、現在3代目となる、ミッシェルとクリスチャン・ゴセの兄弟が営んでいます。 アイ村をはじめ、優れた区画を所有。三代目となる、クリスチャンとミッシェルの兄弟で営むこの造り手の 自らの信じた道を歩んだ結果、彼らのシャンパンは、これほどの絶賛を受け、 ボランジェやアンリ・ジローなど、有名メゾンと肩を並べ